2011/3/5 | 投稿者: bochi

忘れたい想い
忘れてはいけない想い
どちらとも言えない様な
複雑な感情を抱いていた
そんなこともいつか忘れる

仕方のないこと
そんなふうにわりきれたら
生きることははどんなに簡単だろう

あなたのことを
考える時間がいつか
なくなってしまうこと

この後悔を
感じる日もいつか
なくなってしまうこと

怖かった


隣にいる人じゃなく
あなたの夢をみた日
どこまでが本当なのか
わかんないまま目が覚めた

気付いたこと
やっぱりあたしは
あなたを選んでしまう

今は昔すぎる
あの時の答えを
受け取った気がした


わがままなあたしから

また会いに来て下さい


0

2011/3/1 | 投稿者: bochi


「さよなら」も「ありがとう」も
言いに行けなくて「ごめんなさい」

自分の出した答えが
正しくあってほしくて
いつも合理化しているのは
その答えが正しくない自信があるから

誰かに同意を得て
行かなかったあたしが
夜中部屋で1人祈った

今日は行けなくてごめんなさい。
あの時本当に大好きでした。

行けなくてなんて嘘
行かなかっただけ...
行く勇気がなかっただけ...

こんなあたしが生きてるのに
あなたはココには生きていない
そして信じられていない自分を
ソコに残してあなたの隣に残して
知らなかったフリでこれからも生きていく

長いのか短いのか
まだわからない人生を

ありがとう


ごめんなさい


0

2011/3/1 | 投稿者: bochi


生きることが
こんなに怖くなった

気持ちはあの日のままで
一気に引き戻されるのは
そんな知らせが来たから

生まれた時から
運命は決められていて
死ぬ時さえも決まってる
そんな気がしたあの瞬間

長く空いた記憶に
当てはまる面影も黒く
疑わしき事実に幕をひく

行ってしまえば
全てが現実になるから
塞ぎ続けていた何かを
もぅ知ることができないのだと

本当の"好き"が始まったヒトで
悲しさもドキドキも知った
びっくりするほど近く
びっくりするほど昔の記憶

あなたは覚えていましたか?
あなたは解っていましたか?
あの日こうなることを

運命は突然で残酷
でもそれは必然だと


いつか嘘だと言って
笑ってくれますか?

生きることが
こんなに怖くなった
あなたを知らないトコロで亡くした日...

2

2011/3/1 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ