再び企業が動機を発売することを推測します

2012/3/3 | 投稿者: 再び企業が動機を発売することを推測します


聞くところによると、服装の企業は発売する主要な障害のマーケティングからのネットワークマネージメントの方面を申請して、証監会は連鎖の企業のルートの管理の審査に対してますます厳格になります。発売する紡織の服装の企業を申告して資金の投入方面を募集してどんなに集中して生産能力とマーケティングのネットの建設を拡大して、多くの紡織の服装の企業が発売した後に、端末のルートの拡張は速すぎて、マーケティングのネットは拡大して、しかし単店の収益が低いのため平均の収入は下がって、すでに人の発生に募って資金の十分に効力を発揮したのかどうか疑問を投げさせました。
李凱洛は、資本に比べて企業の理性を考察して、企業が資本を探すのは非常に茫然(漠然)としていて、甚だしきに至ってはすべて発売するのがどうしてなことを知りませんと表しています。彼は表しています。今とても際立っていない業績は利潤が上がるモデルの紡織の種類の企業と資本市場の関心を獲得しにくくて、独特性を持つかどうかが服装の企業と資本の握手する分銅ですと表しています。

聞くところによると、服装の企業は発売する主要な障害のマーケティングからのネットワークマネージメントの方面を申請して、証監会は連鎖の企業のルートの管理の審査に対してますます厳格になります。発売モンクレール激安する紡織の服装の企業を申告して資金の投入方面を募集してどんなに集中して生産能力とマーケティングのネットの建設を拡大して、多くの紡織の服装の企業が発売した後に、端末のルートの拡張は速すぎて、マーケティングのネットは拡大して、しかし単店の収益が低いのため平均の収入は下がって、すでに人の発生に募って資金の十分に効力を発揮したのかどうか疑問を投げさせました。

望むことはなんじを傷めて融資を発売することに借りたいと思って、直販の店を加速して建設して、会社の株式を募集する本の上で明らかに示して、会社はを資金の5.4億元に募集してマーケティングのネットの建設プロジェクトで投資して、フラッグシップショップと直販の店の46社を建設します。見通し、2011年に募るによって計画の完成の残る37社の直販の店の建設を投げる。カエサルの株式の初発行が資本を募って23の自営するマーケティングのネット点が新たに増加することを計画して、その外延式の拡張は購自営店から主としてはずです。

美しい特斯邦威は資金のを募集して“85%商店(ルートの端末)の設置に用いることを発売して、15%はITプラットフォームを投資してB2Cネットのルートを作り上げることに用います”。米国は全国に専売店の2211社にすでにありました。今回資金を募集して68社の店を建設することに用いて、その中の31社は直販のフラッグシップショップと形象店で、37社はフラッグシップショップと戦略的加盟店に加盟するため。

同様で、百が美しくなり発売した後に、27%−31%の募集する資金は各拡大計画に用いて、買い付け会社があるいは策モンクレール新作略のパートナと連盟を結ぶことを含みます。また24%−25%の募集する資金は新店を開くことに用いて、毎年1000社の新店を新しく開くことを計画して、3年ごとに商店に対して一回行って新しくします。その他に、それはまだもっと多い小売り運動ショッピングセンターを創立しなければなりません。

発売した後のLANGSHA、自分の靴下業の資産は置いていないでその中に入って、ちょうどスタートする下着の業務を選びました。これに対して、LANGSHAの靴下業有限会社の理事長の老人の栄金の説明は、靴下の業務の“大きな皿”はあまりに大きくて、短い時間の内で上場企業の運営に入って困難があって、彼らは資本市場のプラットフォームに助けを借りることを望んで、迅速に大きくする下着の産業、それを靴下業の(以)後のもう一つの支柱産業にならせます。

しかし専門家の指摘、盲目的に多業界にまたがる投資リスクは比較的に大きくて、例えば不動産などの業界を投資する服装の企業があって、企業の角度から非の打ち所がないことを見にきて、しかしあれらの大きくしたいブランドの企業にとって、資金をより多く研究開発などの一環に置くべきで、大幅にブランドの価値のを促進します。

“服装上場企業は行って領域の多元化を主に扱わない時、結合自身の持った資源と優位の条件に応じて、投資の方向と具体的なプロジェクトを決定します。”中国証券研究所の業界アナリストの盧揚は言います。クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ