2011/10/12 | 投稿者: モッチー

去年の冬はウィンタースポーツを楽しみました。

あまりスノーボードとかスキーなどは行わないんですが、友達の誘いで

北の山まで行ってきました。

私は普段から四季を問わずにアウトドアを楽しんでいるためパタゴニアのジャケットを持っていて
それを着るのですが、
友人は、あまり防寒をしっかりしてなかったせいか
夜のコテージではすごく冷えるようで大変だったみたいです。
0

2011/10/11 | 投稿者: トラベル好き

移動が多い旅行やホテルなどに荷物を長時間預けられないような旅行の時は
出来るだけバックパックが良いと思います。

バックパックで有名なブランドは、カリマーグレゴリーミレーグラナイトギアなど。

バックパックは荷物が背中にピッタリくっつくので好みがはっきりすると思います。

しかし私は東南アジアなどの方に旅行に行く時は、出来るだけバックパックで行くようにします。

道もボコボコ道が多いから
コロコロ転がすキャリーバッグは移動しにくいことも多いから。
0

2011/9/29 | 投稿者: きらり

雪山に行く人や雪が多く降る地域に住んでる人はmsr スノーシューATLAS スノーシューTSL スノーシューなどを履くと雪に足をとられず楽に歩くことが出来ます。

ただしスノーシューと一口に言っても色々なタイプがあるので使い分けることが必要です。
スノーシューにはウォーキングモデル、トレッキングモデル、ランニングモデルがあり普段の生活をしてる人ではウォーキングモデルで十分です。

それ以外に気をつけることは身につける人の体型に合わせて正確に選ばなければいけません。

身長や体重に合ったラインを選ばないと上手く靴に装着出来ないこともあるかもしれません。

私は色々調べた結果msr スノーシューを購入することにしました。
0

2011/9/21 | 投稿者: レイン

ゴーライトのテントや山のようなシルエットをしていて、他のテントとは少し形状が違い変わっています。

ゴーライト シャングリラ5
は軽量でありながら多能な5人用のシェルターです。
もう少し小さいサイズにゴーライト シャングリラ3がありますが、
シャングリラ5も3もフォーシーズン利用可能です。

その為雪山や夏の山にも利用出来てインナーを着脱することで自由自在に調節することが出来て非常に便利です。

特にゴーライト シャングリラ5はポールを含む重量が1.3kgと軽くて丈夫なので人気があります。
0

2011/9/9 | 投稿者: lucky

山登りも回数をこなしてくると、経験も多くなり、荷物の整理や何がもっとも必要か重要な物は何かをしっかりと理解出来るようになってきます。

ヒルバーグのテントは登山初心者から、ベテラン登山家に至るまでかなり多くの人が愛用してるテントの一つです。
登山に慣れてくるとテントは出来るだけコンパクトにそして軽量の物を選ぶようになってきますよね。

ヒルバーグ アクトはそんな登山上級者向けのテントです。
テント設営まで慣れれば5分程で済みますし、
Kerion1200を使用してるので、引き裂き強度は約12キロと軽量でありながら、非常に頑丈な作りになっています。

登山経験はあるけど上級者と言う程でも無い人には、
自立式のテントがおすすめです。
自立式テントは設営が簡単でグローブをしていても楽々作業が行えるので初心者も多く利用しています。

ヒルバーグ アラックヒルバーグ ソウロヒルバーグ ウナなどがそれに該当します。

また足元がごつごつした岩場である場合などはヒルバーグ タープが活躍しそうです。
0




AutoPage最新お知らせ