2011/11/4

シャドーの犠牲者たち  スネークヘッドの仲間

☆これら半身(はんみ)で発見される魚たちのほとんどが、クリックすると元のサイズで表示します
わが身に何が起こったのか理解する時間さえ与えられなかったかのように、生きたまま水面でアップアップしています。怖っ!



クリックすると元のサイズで表示します
プラー・ニン  Oreochromis niloticus
(シーナカリン・ダム)

かじられたばっかでまだ新鮮なのでボートマンは嬉々として持って帰ってました。
今夜のオカズはシャドーの残り物、いや贈り物?



クリックすると元のサイズで表示します
プラー・タコー  Cyclocheilichthys enoplos
(ブン・ボラペッ湖)

タコーはけっこう美味しくて漁師にも人気があるんですが、欠点は小骨が多いこと。でもシャドーは気にしないでしょうね、多分。でもやっぱり半身。
歯形のサイズからして丸呑みできないこともなさそうだし、ついでに(?)食っちゃえばいいのにねぇ・・・。



クリックすると元のサイズで表示します
プラー・カイェン  Mystus rhegma
(バンパ貯水池)

このカイェンはギギ科のいわゆるミィスタスという魚種ですが、これは丸呑みしなくて正解。胸鰭が非常に硬く、トゲ付きなので、シャドーにとっても危険です。



クリックすると元のサイズで表示します
プラー・サイタン  Cyclocheilichthys lagleri
(ブンボラペッ湖)

これは珍しい腹部噛みちぎり。何故こういう噛みかたをしたのか状況をいろいろイメージしてみるのもおもしろい?



クリックすると元のサイズで表示します
プラー・サワイ  Pangasianodon hypophthalmus
(ブン・ボラペッ湖)

これは正直、かなりびっくりしたレアケース。このサワイでも50センチはゆうに超えるサイズ。噛むか、フツー?
で、このサワイを含むパンガシウス科のナマズはむちゃくちゃ泳力あるんですが、シャドーも負けちゃいない!?
ちなみに普段ほとんど重ならないこの2種の生息域が、たまたまダブったこの時の湖の状況。シャドーの「居場所」のヒントにもけっこうなったりします、このハンミ。




クリックすると元のサイズで表示します
プラー・ニン
(バンパ貯水池)

噛まれたときそうとう暴れた様子。
この貯水池には水産局が漁師のためにプラーニン(ナイルテラピア*)を定期的に放流しているので、むちゃくちゃに魚影が濃く、シャドーのメインのエサはあきらかにこいつらのよう。


*プラーニンは水産局の記録によると1965年に数十匹レベルで移入された外来魚ですが、別の水産局にきくところによればその後洪水によって試験場から流出、各地に繁殖「してしまった」そう。また現在タイでも外来種の無断放流は禁止されているので意識的な放流はありえない、とのこと・・・。
あぁなんてイイカゲンで曖昧な管理体制・・・・。「きまり」だけはりっぱなんだけどなぁ、この国。ワルい人につけこまれないことを祈ります。



クリックすると元のサイズで表示します
プラー・ニン
(ブン・ボラペッ湖)

かなり時間がたってたみたいで腐食がすすんでましたが、このプラーニンもかなりのサイズ。
こうみると半身になってるのは圧倒的にプラーニンが多い。これはウィード地帯で水が静かなエリア、という生息域が重なっているのと、そこでのプラーニンの絶対数が多いこと、そして飲み込みにくい背ビレ、またまるでブルーギルみたいに好奇心旺盛でイタズラ好き(?)なこいつらの性質がシャドーは気に食わないんじゃないでしょうか?
食欲だけで噛んでいるんでは決してないと思います。





クリックすると元のサイズで表示します
プラー・カスープ・キッ  Hampara macrolepidota
(ブン・ボラペッ湖)

またまたレアなケース。
タイ内水面では食物連鎖の頂点をめぐってシャドーと勢力争いするかのごとく攻撃的な彼らも単独だと少し弱いのかな?
集団になると無敵なんだけど・・・。



クリックすると元のサイズで表示します
プラー・タピヤン・カーオ  Barbonymus gonionotus
(ブン・ボラペッ湖)

これはほんとに噛まれた直後のようで、全身ピチピチしてて、その白身が活き造りみたいで刺身料理が恋しくなりました(笑)
バイトが遠のき、自分のポイント選択に自信が持てなくなってきた時なんかは君がいると助かりますヨ、半身クン。



クリックすると元のサイズで表示します
プラー・コット・ケオ  Hemibagrus wickioides
(ナン川)

これは場所的にも魚種的にも非常にレアケース。
シャドーはナン川のように流れが速く、淀み、ウィードやブッシュ地帯のない河川には、ほとんど生息していません。なぜなら「雷魚」なので浮き巣、浮き卵だからです。
ただこれが発見された我がゲストハウス周辺はシャドーの養殖が行われていて、過去に1000匹単位で脱走しており、そのときの魚が成長したものと思われます。






最後に犠牲者動画。閲覧注意。



3



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ