2013/4/23

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0

2013/4/23

身近なビジネスニュースを考える  


身近なところから経済について考えてみようと思う

ヤマダ電機が、国内外で苦戦している模様

 ヤマダ電機は4月22日、前年度(2013年3月期)業績見通しを下方修正。売上高見通しこそ、従来の1兆7180億円から1兆7040億円(前期比7.2%減)へと小幅な減額にとどまったものの、営業利益見通しは573億円から330億円と大幅に後退


 減収減益幅が拡大した理由はテレビ、レコーダーなどのAV機器が想定よりも低迷したうえ、パソコンなど情報機器も伸び悩んだ。競合店との値引き競争も激しく、粗利益率を大幅に落とす結果になった。

 ヤマダは前年度、大量出店を推し進め、期初の時点では営業利益925億円(前期比4%増)と増益をもくろんでいた。しかし、想定外の家電不振により、昨年11月営業利益見通しを573億円へと下方修正。

 苦戦はヤマダに限らず、国内の家電量販店業界全体に共通することで2位以下の落ち込みは、さらに大きい。ヤマダの減益幅は確かに大きいが、相対的にみると踏みとどまっているほう。

 ヤマダは同日、中国事業の見直しについても明らかにした。12年3月にオープンしたばかりの南京店について、サプライチェーン構築が思うように進まなかったことなどから5月末で閉鎖する。閉鎖後は他社との資本業務提携、店舗譲渡などを模索している。


国内の家電需要が落ち込んでいるようですね
景気が悪いということで消費者心理も冷え込んで買い控える気持ちが強いことが一番の大きい原因ではないでしょうか
あとTVなどは地デジ対応TVを購入した人達は何台も、もういらないですし


また利益率の低下ですが
今や店舗だけが家電量販店のライバルではありません
インターネットによる通販も競合となっています

インターネットの良いところは人件費がかからないので格安で商品を
販売できるところです


インターネットに対抗しようと家電量販店が価格を下げれば
人件費もありますので、さらに
利益をどんどんと圧迫していってしまいます


かなり状況は厳しいといって良さそうですね


また海外での展開も流通が上手くいかず失敗したようです
確かに海外展開はこれから必要となってきますので
これに懲りずにチャレンジしていってもらいたいと思います


ネットで買うのは少し不安が残るという人も多いので
家電量販店の対面という利点を活かし
安心と信頼を武器に頑張って欲しいと思います
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ