テーラーメイド r1 ドライバー楽しむことができます  

 ボールを前にして構えてみても、さすがにタイトリストらしい美しさを感じました。

 かなり『小顔』なアイアンなので、ボールが大きく見えます。それによって、こちらのイメージもすごく出しやすい感じがしました。ただ、少し『グース』が効いているのが少し気にはなったのですが、構えづらい感じは全くしませんでした。あくまでも私の好みとしては、もう少しテーラーメード r11 アイアングースが弱いほうがいいのですが、これくらいグースが効いていたほうが安心する。という方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?最初の2球は、球がつかまり過ぎてフックボールを打ってしまいました。

 やはり構えたときの『グース』が効いていたのでしょうか?左方向を警戒しなければならないゴルフクラブ販売。と思ってはいたのですが、今日はその意識がマイナスに働いてしまったような気がします。これが練習場で良かったな。もしこれがコースだと確実に1ストロークは損をしていたな。と思いました。しかし、それを教訓にして、再びショットをしました。テーラーメイド r1『打感』は極上で激安テーラーメイドゴルフクラブ、『軟鉄鍛造の柔らかさ』と『マッスルバックの厚み感』を両方いっぺんに楽しむことができます。

 これまで何度も味わってきた『楽しい打感』です。これだから軟鉄鍛造アイアンの試打はやめられません。
0

ロケットボールズ ステージ2最初のポイントである  

体重移動の有効活用、タメの効いたスイングになるような腕の振り方など、所謂、「飛ばしの方程式」 の構成要素について 一度 良く見直して下さい。



(1) から (4) までが上手く出来れば、スイングの安定感が増し、飛距離も伸びるという結果が期待できるはずだ。ダウン・スイングに入る前、つまり、ロケットボールズ ステージ2トップのポジションでは 腰の回転と肩の回転の差が生じる訳だが、この角度のことを X ファクターと言う。アメリカの有名なティーチング・プロのジム・マクレーン (Jim Mclean) が使い始めた概念であるが、この差 (X°) が大きくなるように バックスイングでは 下半身の動きと腰の回転を 抑えて、肩を 大きく回転させることが飛ばすための最初のポイントである。

トップでは激安テーラーメイドゴルフクラブロケットボールズ ステージ2 ドライバー左肩が 右足の上に近い所まで来るイメージである。また、ダウンスイングでは その初期段階から腰を早く回転させる一方で、肩の回転は少し抑えるようにスイングすることで 腰と肩の角度差 (X°) が 更に 大きくなるが、そうすることで インパクトゾーンにおける肩の回転が速くなり、ヘッドスピードを上げることが出来ると言う理屈である。肩を十分に回して、この腰の回転と 肩の回転を 切り離す (separate) イメージでスイングすることが ポイントだと言われている。

腰の回転と肩の回転を切り離すゴルフ 通販 (separate) ということは、下半身の回転軸 (グリーンの点) と上半身の回転軸 (オレンジの点) を別々に上手くコントロールすると言うことになる。
0




AutoPage最新お知らせ