2013/4/24

会計事務所が考える、リーダーシップを持つ人材に育てるには  

企業を経営している人にとって、後進の育成は、欠かすことの出来ない仕事の一つと言えます。

その中で、“リーダーシップ”を持った人材は、是が非でも育成しなければなりません。

しかし、“リーダーシップ”は、机の上で勉強しても、パソコンに噛り付いても、他人から言われても、見に付くものでは無く、自発的に表れてくるものなので、ある機会や切掛けを与えることで、表面化することがあります。

方法として、“目を覚ます”ように仕向けることです。

大企業になると、集団心理が働き、その集団の流れに乗っていれば良いと考える風潮があります。

見える形で、自分の仕事だけが良ければ、“自分は責任を果たしている”とだけ考えてしまうので、見える形で、他人の仕事までもが、“責任”として負担をかけると、危機感を覚え、行動し始めるはずです。

複数の部署の人材に対して、収益に関わる数値を、明確に公表されるような状況を作ると、競争原理が働き、部署内のメンバー全員に、目的や目標を掲げ、一人の落ちこぼれも出ないように、アドバイスや意見を聞きいれる等、行動するはずです。

リーダーとなれば、目的や目標を掲げた際に、結果と比較し、“達成度”を把握すると思いますが、それだけではなく、“達成度”を今一度チェックし、次回の目標の参考にしなければなりません。

良かった部分を“褒めてあげる”のも、リーダーとしての務めですが、悪かった部分を“指摘”するのではなく、自ら意識するように促す事も、リーダーとしての務めになります。

このように、“リーダーシップ”を持つ人材として育てたいのであれば、その人材の部署のメンバーの中から、その次の“リーダー”を育てさせることで、自発的に“リーダーシップ”を得る事が出来るようになるのです。

世田谷区の税理士のことなら世田谷区税理士.com
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ