2010/2/28

バンクーバーカーリング  


フィギュアの氷上対決は韓国に軍配があがりましたが、日本女子の

カーリングも相当日本を沸かせたのではないでしょうか。

ボードゲームのカーリングゲームもずいぶんと売れているそうです。

「氷上のチェス」と言われるほど緻密なゲーム展開で、両チームの

攻防がみている人をハラハラドキドキさせます。

1エンド8投ずつで10エンド。意外と長いゲーム時間になり、私も

試合日程中は寝不足になりました。

スィービングは見ているとかなり体力のいる運動になります。

微妙な力加減で全くゲーム展開が変わってしまうの見所のひとつです。

人気の高いマリ選手が男性陣の視聴率アップに貢献していることでしょう。

パソコンや携帯でのカーリングゲームはそれほど種類が無く、今回の

オリンピックのおかげで今後ゲームも増えるのではないかと期待しています。


0

2010/2/16

かつての長野オリンピック  


12年前の冬、私は長野にいました。

仕事先の社長に数カ月前からお願いして忙しい時期にもかかわらず2週間の休暇を頂きました。感謝です。

そしてJOCが3万人もの募集をしたというオリンピックボランティアに参加しました。

大勢の参加国メディアスタッフも訪れるため、ボランティアスタッフの人員配置も英語力が問われました。

事前にTOEICを受験させられましたがもとより英語が苦手だったため中学生レベルの語学力を再確認することになりました。

英語が出きないので予想としては外国人との会話の少ない交通誘導などになるかと思っていましたが、

配置を聞いてびっくり、クロスカントリー競技コースのメディアセンター部になりました。

白馬村現地に入ってからそれを聞いたので、驚いた私は急遽駅前の本屋で和英英和辞書を買ったのでした。今更でしたが。

具体的なボランティアスタッフの作業内容としては、数kmに及ぶクロスカントリー競技コースに点在するメディア関係者の配置箇所で、競技コースに選手以外の人が入らないように区画ラインを保持することでした。

競技が白熱してくると、メディア関係のカメラマンやプレスの方が興奮して競技コースに誤って入ってしまうことがあるらしいので、それによる事故を未然に防ぐわけです。

クロスカントリーのコースは長いので林間部のひっそりとした場所ならそれほど人も入らないのでいいですが、私が配置されたスタンド前はスタートとゴールが近いので興奮する人も、メディア関連の人も多いわけです。

人を制する際に英語でどう言うべきかを予め考えたりして準備しました。

時には大変であり、時には各国のメディアスタッフの方の親しみやすさに触れたりとやり甲斐も楽しさもありました。

クロスカントリー競技の日程は大体1日置きであり、近くの競技会場であるスキージャンプとほぼ交互に開催されました。

クロスカントリー競技が無い日はボランティアもオフになるので、私はスキージャンプを見に行ったりしました。

間近で観るジャンプ台の大きいこと、そして角度が急で、よくあんな坂を滑ってしかもジャンプできるものだと驚きました。

ジャンプする選手の姿もまさに鳥のようでした。

ラージヒル団体の、あの日の丸飛行隊の大興奮の日は、クロスカントリー競技そのものは無かったものの、競技コース整備のためにボランティア作業をしていました。

注目のラージヒルジャンプ競技でしたから、ボランティアスタッフのみんなも食堂などに設置されたTVで中継を見に集まったり、ラジオを聞いたりしていました。

原田選手が飛んだあとの船木選手の大ジャンプはなかなか記録が発表されず、「まだ飛んでるんじゃないか、まだ飛んでるんじゃないか」とボランティアスタッフの間で冗談を言い合ったりしました。

今回のバンクーバーオリンピックでも日本勢のスキージャンプに期待しています。


0

2010/2/11

バッカスという名のチョコ  


ギリシャ神話に登場する酒の神「バッカス」。

お口の恋人ロッテが何十年も前から販売しているコニャック入のチョコレートだ。

子供の頃から(笑)これが好きでした。ほのかなお酒の味わい。

昔は現在のものほどアルコール度が高くなかったような気がする。

何年か振りに食べたらそれそれは美味しかったです。

普段お酒を飲まない私はいい気分に酔えました。

バッカスの緑のパッケージに赤文字、そしてチョコの茶色。

この色合は最も私が好きな組み合わせでもあります。

なので珈琲好きの私は緑と茶色のトーンの店である珈琲館もお気に入りの雰囲気です。

子供の頃に買ったバッカスは、中身がお酒である故かたまにチョコがすこししぼんで

お酒が減っていることもありました。店頭に並べられて日数が経つとそうなってしまうのでしょうか。

逆に新品で完璧にお酒が入っているとテンション上ったものです。(どんな子供だったのか)

酒とチョコの相性は抜群なので、ついつい食べ過ぎてしまうのがたまにキズ。

車の運転をされる前に食べると、酒気帯び検問で完璧にNGとなるのでご注意を。

0

2010/1/24

おにぎりはつぶして食べる?  


コンビニで買うおにぎりは両手ではさむように少しつぶしてから食べます。

そのほうが食べやすいのです。あまりペッタンコにしてはいけません。

つぶし過ぎると中の具がはみでてしまいます。

食べやすいということは美味しさにも影響すると思います。

知り合いに伝えたら実践してくれて、その食べやすさを喜んでくれました。

でもコンビニおにぎりはそうして食べますが、家でにぎったおにぎりや、

おにぎり専門の店で包装されていないおにぎりはやりません。

というより包装されていないとつぶすことがやりにくいからです。

それに、食べる前に自らの手でおにぎりを両手で優しくはさみ込むことによって、

おにぎりへの愛情が加わって旨さも増す気がします。

その証拠に、自分でつぶすのではなく、意図せずツブれてしまったおにぎりは

ちょっぴり悲しい味がするからです。

おにぎりをわざわざつぶすなんて、とお思いの方もいるかと思いますが、

決して食べ物を粗末にしているわけではなく、コンビニなどのおそらく機械で

にぎっているおにぎりを、元々の人の手でにぎって本来のおにぎりにしているのです。

皆さんも一度、騙されたと思って試してみてはいかがですか。

コンビニのおにぎりを、ですよー。


0

2010/1/4

プレステ3  


プレステ3を買う気になったのは、ゲームしたくてというより

映画DVDの再生機として画像が綺麗との評判からです。

実際普通のDVDプレイヤーで再生してるハイビジョンAQUOSの画質より、

プレステ3で同じ映画DVDソフトを再生したほうがキメ細かい画質を

観ることができています。

もちろんプレステ3はブルーレイディスクも再生できるので、フルスペック

ハイビジョンのAQUOSの実力もいかんなく発揮されています。

ソニーエンターテイメントの技術はすごいです。

なんでも、DVD画質のゲームソフトの映像も、ハイビジョンのブルーレイゲームソフトと

同等の画質に迫るよう、アップコンバータの性能を追求したそうです。

そのため、ブルーレイからは普通かなり見劣りするDVD映画も、アップコンバータの

おかげでハイビジョンTVで映してもずいぶん綺麗に映ります。

これで今まで集めてきた映画DVDもまだまだ再生に耐えます。

一度ハイビジョンで見てしまうと、アナログ画質じゃ消化不良ですよね。

しかもHDMIコネクタでAQUOSと接続するだけで、プレステ3の電源を入れるだけで

プレステ3入力にモードが自動的に切り替わるだけでなく、AQUOS側の

入力をプレステ3に替えると自動的にプレスエ3の電源が入ります。

そのあたりの連携プレーも便利です。

昨年(2009年)9月発売の最新モデルは大容量120GBのハードディスク搭載ですし、

縦置きするとずいぶんすっきりと置けます。それが3万円未満で手に入るのですから、

プレステ史上最もお買い得感が高いでしょう。

普段ゲームをやらない私でも、映像再生機器としてプレステ3

買って良かったと満足しています。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ