体ひとつで勝負する世界  

敗者にも温かい拍手・・・


・・・なんていう救いは、バレエの世界ではぜったいにありえないのです。


一瞬一瞬、それを見ている人にどれだけ感動を残せるかが、その結果。


数字を出すほうが、むしろたやすいこと。


見ているすべての人の中に感動を生むために、体ひとつで勝負します。


人間にとって、これほどの真剣勝負はないはずで・・・


それは鍵盤をたたくピアニストより、台詞をしゃべる舞台俳優よりもきつい勝負なのかもしれません。


さらに、レーザー 脱毛などをして外見の美しさも保たなくてはなりません。


もしも彼らが、インタビューに対して"生意気"だとすれば・・・


言葉で何かを言うよりも、自分の体で表現するものを、心で聞いてくれという想いがあるからなのかもしれませんね。


0

バレリーナの美しさと気難しさ  

世界中のアーティストのインタビューを中心に仕事をしてきた人がこう言うのです。


「バレエの世界で頂点をきわめた人物は、男も女もおそろしくインタビューがしにくい。


異常に気むずかしく、よほどの質問を用意していないと、鼻もひっかけてくれない。


それどころか、すぐ怒って席を立つ。


我々の常識をはるかに超えた人間たちだ」


・・・と。


それは一体なぜなのでしょうか?


その"地位"に昇りつめるまでの、血のにじむような努力は、容易に想像できますし、たった一人の孤独な闘いを強いられてきたこともわかります。


しかしそれを言うなら、スポーツ選手も同じ。


彼らだって、体ひとつで勝負しています。


・・・ただ、スポーツには誰も異論をはさめない"数字"という結果が出ますが、プロのバレリーナを評価する数字はありません。


しかも、失敗はぜったい許されないのです。


彼女たちは見た目の美しさも求められますから、全身 脱毛なども行なっています。


0
タグ: 全身脱毛

"美しい"化粧品  

バラの花の絵が描かれたラベル、クラシックにしてゴージャスなガラスびん・・・。


その中できらめいていたバラ色の化粧水。


美しさを超えて高貴にも見えたその化粧品は何と19世紀生まれ!


おそらく現存する最古の化粧水であることを知ったとき、自分の中の"化粧品"の意味までが大きく変わった気がしました。


1897年。


資生堂オイデルミンは当時の"最先端西洋薬学処方"によって、"超高級化粧水"としての華々しいデビューを遂げました。


「良い皮膚」という意味のギリシャ語のネーミングや、香水以上に香り高いそのデザインは、当時の貴婦人を熱狂させたに違いありません。


これはまだ医療 レーザー 脱毛がなかったころの話です。


0

自分を磨く女は美しい  

「手間のかかった女は美しい・・・」


そう言われるのも、本当は手間をかけただけ女の心が安定するからではないのでしょうか。


全身 脱毛などをして自分を磨いていない女は、それだけで心がすさむもの。


負い目や不安が心を少し歪ませるのです。


だから統計的に自分を丁寧に磨いている女の方が、人に対してもやさしいのです。


心を磨くように自分を磨けたら、理想ですね。


さて、世の中には、見ているだけでキレイになれる化粧品って、存在するのです!


・・・生まれて初めてそう思ったのは、20代になったばかりの頃、最初にオイデルミンの"赤い水"を見たときでしたね。

0

まつ毛の行方  

かくいう私は、化粧直しの時にファンデーションより先に、ビューラーをかける"超上向き派"。

まつ毛はマスカラでいかに長くできたとしても、それだけじゃ何の意味もない。

その毛先が正面から見て、他人にハッキリ見えなければ、メイク効果なんて生まれない。

そう信じているから、長くしたまつ毛の毛先を二重の溝より上の位置まで持ち上げないと、私の化粧は終わらないのだ。

この、二重の線より上まで持ち上げ続けるのは、なかなか難儀で、いくらカール力に優れたマスカラでも、化粧直しでカールレベルを保っておかざるを得ない。

この一点は譲れないのだ。

一方の下向きへのこだわりも、要は同じ。

正面からでも毛先がバッチリ見えるようにとの配慮。

下向きだって口が大きく見えるのは、この毛先の存在感のせいなのである。

ちなみに、下向きは有紀ちゃんのようにボーイッシュでカジュアルな表現。

上向きは女っぽくゴージャスな表現。

印象は逆だが、効果はひとつ。

"向き"こそ、マスカラ化粧の命なのである。

そしてレーザー 脱毛した肌こそ美なのだ。
0




AutoPage最新お知らせ