変形性膝関節症のリハビリ

2011/12/24 
変形性膝関節症とは膝という名前がついている通り、膝が変形して動くことが困難になる病気です。

膝を痛めると歩くことが難しくなるため、早めに治すことが重要です。

50代を過ぎると発症する可能性が高くなり、一般的に男性よりも女性が発症することが多いようです。

姿勢の悪い方が発症しすいため、猫背やO脚の方は注意して下さい。

雨が降る時や冬などの寒い時期になると膝の周りの肉が縮まり痛みが出るそうです。

膝が痛いからといって動かさないでいると固まってしまうため、適度でいいので動かすことが必要です。

病院で変形性膝関節症と診断されたら、リハビリを入念に行うといいでしょう。

食生活の乱れている方は食生活を改善することも大事です。

変形性膝関節症が悪化して軟骨がすり減った場合、そのすり減った部分は身体に必要な栄養分を摂取することで補うことができます。

食べ物で取りにくい物はサプリメントを飲むといいでしょう。詳しくはコチラ

食べ物は納豆や山芋、海草などのネバネバしているものがお勧めです。

日本だけではなく、外国の方も変形性膝関節症を発症する人が年々増えてきており、特に肥満の方が発症するといわれています。

病気にかからないためには、ダイエットと同じように、適度な運動と身体に良い食べ物をとることが大事ですね。
0

価格

2011/12/2 
バーゲン比較
0



AutoPage最新お知らせ