神様を探す女の子  ブログ

通称「神待ち」。それは、「神様を探している女の子」の事。もちろん、神様といってもお釈迦様とかじゃないよ。
自分を泊めてくれる男の事を「神」って言っているんだ。

なんで神待ちが男を探しているのかわかるかな?
彼女達は、皆一様にお金がないから、泊まる場所がないんだ。だから、自分達を泊めてくれる男を常に探してる。

そして、寝泊りする場所を提供してもらう代わりに、「泊めてくれるんならHもOKだよ」って事もあるわけだ。

ただし、これは巡り会う神次第。女の子を泊めるだけで満足するから、Hはしないっていう神もいる。
また、Hより2人で買い物に行ったり、食事を楽しみたいって神もいるんだ。まあ、俺には出来ない芸当だけどね(笑)。

何にしろ、男側の目的や事情は置いといて、女の子達は本当にお金がないんだ。だから、自分の体を差し出したりして、
男の家を転々として、寝泊りする場所と食事を確保するんだ。

俺の場合、大体どんな女の子とも一晩でサヨナラする事にしている。でも中には、同じ女の子を数週間泊めてあげる
神もいるらしいよ。女の子にとっては、まさに都合のいい男だろうね。わざわざ次の神を探す必要ないし。

でも、神待ちの女の子の大部分は、家庭環境に色々な問題や悩みを抱えている子なんだ。
「家に帰りたくない」からこそ、彼女達は神待ちとなる。言い換えれば、決して褒められたもんじゃない「神待ち」になってでも、絶対に家に帰りたくないと思っている訳だ。

切ない家庭事情を訴える子、笑って誤魔化す子、あっけらかんにただ家出をしたかった子、皆それぞれ事情が違う。でも、俺としてはどんな理由であれ、できれば女の子には優しくしたいって思うよ。

個人的には、俺が出会う神待ちには、出来る範囲でなるべくやってあげたいって思ってるんだ。といっても、もちろん
俺もそんなにお金を持っているわけじゃないよ。だから、出来る事は本当に限られてるかもしれない。

でも、お腹いっぱいご飯を食べさせてあげたり、日用品(女の子ならメイク用品とか洋服とか必要でしょ?)を少し買う事位ならできる。
こっちも、「ただ家に泊めてヤって終わり」って言うのは、何となく嫌だから。

倫理的には良くないけど、ある意味、需要と供給のバランスがつりあっているロリ動画サイト。
「困っている女の子に手を差し伸べる」っていうのを建前に、サイトが運営されている訳だ。だから、実際はどうであれ、頭の片隅にでも入れておいて欲しい。

だって、まがりなりにも「神様」って名前なんだよ。少しでいいから、神様らしい
事をしてあげよう。そんな少しの優しさが、実はとっても大切だと思うんだ。
0




AutoPage最新お知らせ