誰か様のために一服の茶をお点てする・・・・・ 疲れてる人、怒ってる人、悲しんでる人、きっとどんな人でも勧められたお茶を 飲んでみると、チョットだけ心が和むものです。 そして、僅かばかりの笑顔も生まれることでしょう。 そんな笑顔を見てしまった山男のお茶ライフです。

2009/5/27

初めての山頂茶会  山頂茶会

クリックすると元のサイズで表示します
山好きの仲間達と地元三重県鈴鹿山脈の鎌ヶ岳の山頂にて茶会を開催してまいりました。お点前はお茶の仲間が主になってやって下さいました。

趣味の一つである登山において時々は茶籠を持参して一服を楽しんだりはしておりましたが、こうやって多数の一般の方々にお茶を振る舞うということは今回始めてのことでした。また、これは私自身が初めて亭主として主催したお茶会でもありました。


クリックすると元のサイズで表示します
こんなちょっとした岩場なんかも越えながら、頂上を目指します。

クリックすると元のサイズで表示します
山の仲間が一口ってことで「引き上げ湯葉」を作ってショウガ醤油を付けてほんの一口ではありますが、召し上がって頂いてからお菓子を勧めました。
お菓子は地元の名菓長餅の「安永餅」を30ヶ用意しました。つまり、30名様限定ということになりますね。

クリックすると元のサイズで表示します
私もちょこっとだけお点てしました^^;

30名分のお菓子はあっという間に無くなり、皆さん口々に「まぁ、こんなところでお点前して下さって!」とか、「美味しい!ご馳走様です!」、と、皆様から満面の笑みを頂戴いたしました。中には「・・・えっと、お幾らでした?」なんて、お財布を出す方なんかもいて慌てて大丈夫なことをご説明したりもしました。

とても、とっても幸せな心持ちになれました。
皆さんの笑顔は掛け値なしの真心の笑顔でした。

人を笑顔にするのって、こんなに嬉しいものなんだ。

・・・・・これが一番正直な感想です。

そして、お手伝いしてくれた山の仲間とお茶の仲間達に感謝感謝です。

ありがとうございました・・・・・合掌
茶道具 Professional
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ