2012/2/18 | 投稿者: kuronekodog

レバレッジとは!

FXについて理解する上で、どうしても外すことができないものに「レバレッジ」があります。

レバレッジはFX特有の仕組みだと思っている方もいるようですが、株の信用取引や商品先物取引にもあるもので、決して新しい概念ではありません。

外国為替証拠金取引の「証拠金」とは、該当取引を行うための保証金のことですが、外貨預金などのレバレッジのない外貨投資では、1ドル/90円の為替レートで1万ドル買う場合、90万円を用意する必要がありますが、FXのようなレバレッジ取引では、レバレッジ10倍に設定すると9万円で一万通貨を購入することができるのです。そしてこの9万円がこの取引で必要な証拠金となります。

上の例を計算式に置き換えると、建玉の円換算額(この例では90万円)を証拠金の額(ここでは9万円)で割った数字がレバレッジということです。

こうしたレバレッジの特徴を取り上げて「FX取引は少ない投資資金から始めることができる」という表現が、はじめのころはよく見られました。

この表現は間違いではないのですが、「余裕資金がほとんどない人でも、FXを始めることができる」と拡大解釈するのは危険でしょう。

余裕資金が少ない個人投資家が、ハイレバレッジに設定してポジションをとって取引をはじめた場合、相場が予測に反した動きを見せたとすると、ポジションを維持するために必要な証拠金額を一気に割り込んで、なけなしの元手全額失ってしまうこともあります。

ストップロスオーダーをかけておけば最悪の自体は回避できますが、ちょっとレートが動いただけで反対売買となり、資金を目減りさせていくだけのFX取引になってしまいますので注意が必要です。

基本的に資金が少ないということは、レバレッジは高くなるということです。

そしてレバレッジが高いほど、「必要証拠金が不足しそうですよ」というお知らせメッセージ(マージンコール)が早めに入りますので、追加できる余裕資金がないとなると落ち着いて投資などできるものではありません。

では、FXのレバレッジのメリットは何かということになりますが、それは、資金拘束が少なくて済むということと、小さな値動きを狙った手堅い投資が可能になる点にあると考えたほうが良いでしょう。

小さな値動きを追いかけていては、いくら頑張っても得られる収益に限界があると思うかも知れませんが、これをカバーしてくれるのが、FXならではの高いレバレッジです。

FX以外の先物取引でも、FXほどレバレッジを高く設定できる投資ジャンルはありません。

小さな収益をその何倍もの額に拡大してくれるレバレッジは、まさにテコの役割を果たしてくれるFX最大の魅力というわけです。

ただし金融庁のはからいで、2010年8月以降、外国為替証拠金取引のレバレッジは最大でも50倍というレベルに縮小されてしまいました。2011年には25倍までに規制されることが決定されています。

これまで安全にレバレッジを運用してきたトレーダーにとっては、非常に悲しむべき規制だと言えるでしょう。

0

2012/2/17 | 投稿者: kuronekodog

FXのスプレッド!



FX(外国為替証拠金取引)の特徴には、取引手数料の安さがあげられます。

くりっく365や大証FXといった取引所取引では、まだ為替手数料がかかりますが、一般のFX取引会社のほとんどでは、1万通貨単位の取引で手数料は0円となっています。

そのため、取引所FX以外の店頭FX業者を使って取引するのであれば、手数料は「スプレッド」のみとなります。

スプレッドとは、いわゆる2WAYプライスで言うところの買値と売値の差のことです。

よくニュース番組で「東京外国為替取引所の今日の終値は、1ドル94円25銭から94円30銭となっています・・・」というアナウウンスを耳にすることがあると思いますが、この値開きをスプレッドというわけです。

ちなみにこの場合では、94円25銭が売値であり、94円30銭が買値となります。

仮にこの時点でドルを瞬間的に売買したとすると、1ドル/94円30銭で買って、すぐ94円25銭で売ることになりますので、1ドルあたり5銭分損をする計算になります。

簡単に言うと、この損をした分のコスト(スプレッド)が、取引コストでありFX業者の利益となるわけです。

FXが個人投資家向けに取引サービスをはじめた当初は、このスプレッドも米ドル/円で数十銭も開いていたのですが、業者間の顧客獲得競争が激化し始め、低スプレッド競争がはじまりました。

そのおかげで、今では米ドル/円のスプレッドで1.0銭というのはそれほど珍しいものではなくなり、なかには米ドル/円で0銭〜とする業者まで登場しています。

リーマンショック以前に、一時的にFX取引業者が乱立したことがありました。

このときも驚異的な低スプレッドを謳い文句に、口座開設者の獲得に奔走した新興業者の中には、その無理が祟って短命のまま消えてしまったところもあります。

現在でも低スプレッドを提示することを、顧客獲得のための販促手段と考えている業者は多いのですが、広告宣伝コストと考えてスプレッドのコスト負担してもらえるのなら、ユーザーにとってはありがたいことです。

ただしスプレッド、は基本的に市場の通貨取引量に応じて刻々と変化するもので、どんなに低スプレッドとしていても、市場環境に左右されてすぐに開いてしまう業者が多いのも事実です。

低スプレッドを強調してユーザーを獲得しようとしてみても、実際に使ってみたら瞬間的にスプレッドが狭い時があるという程度では、かえってユーザーから見放されることになりかねません。

そのため最近では、ただ単に低スプレッドというだけでなく、スプレッドの開きにくい業者が支持されています。


0




AutoPage最新お知らせ