chayia

2012/8/29

内臓脂肪をダイエットで減らして病気を防ぐ  

内臓脂肪量が多いと、高血圧や糖尿病など身体的なトラブルが起きやすいといいます。ダイエットで内臓脂肪対策を講じましょう。体内の筋肉が少なく、内臓脂肪が多いという場合、ぱっと身の印象が太って見えないことがあります。ふくよかでも太り気味にも見えなくとも、ダイエットで内臓脂肪を減らすべきという人もいます。
いらない脂肪が体にたくさんあると健康上好ましくないため、プロポーション云々というより、健康のためにダイエットが必要なのです。
外見の印象が太く見える皮下脂肪は、直接的な健康への影響は案外小さいといいます。
血液の流れや血管の問題が起きやすくなる原因に、内臓脂肪の増加が関わっているとされています。ダイエットで脂肪の代謝を促進することで、内臓脂肪を減らし健康増進を図っておくことが重要です。
体重が標準的な範囲内にあっても、内臓脂肪の割合が高いと血糖値が高くなりやすく糖尿病の危険があるとされています。
内臓脂肪の多い人は、高脂血症や脂肪肝にもなりやすいといった統計もあります。腹部に脂肪が集中しているという人は特に、ダイエットで脂肪を燃焼させることで健康維持をはかる必要性が高いといいます。
内臓脂肪は蓄積されやすい脂肪ですが、血管近くにあるため脂肪が血液に溶け込みやすく、運動の効果が表れやすい部位です。
有酸素運動を中心としたダイエットで、内臓脂肪を減らして積極的におなか周りのサイズダウンを目指しましょう。



多汗症のことなら
このサイトが一押し情報満載ですよ。

0

2012/8/29

体重と減量について  

体重など目方を少なくする行為が減量です。減量という言葉で連想するのは、ボクシングのために選手がサウナや食事制限で体重を減らすことではないでしょうか。厳しい運動や、時には絶食までして、人間の限界に挑戦するような減量をするボクサーもいるようです。
減量方法はボクサーではない私たちには、決して体に良い減量方法であると言えません。ボクシング選手の場合、減量の土台となる体が既に出来上がっているともいえるでしょう。
比べて私たちは運動しているにしても、厳しい訓練をしている訳では無いので同じような減量方法で体重を減らすことは不可能なのです。
なにより数日で体重を極端に減量するので、リバウンドしやすい体になってしまう可能性があります。体重を減らすのであれば減量後もリバウンドしないで、体重が減った状態を維持したいと誰もが思うものです。体内に脂肪が蓄積される過程を知ることによって、リバウンドのない減量方法がわかります。その上で日頃の食事や生活習慣、運動量を見直し、体に負荷をかけずに減量をするにはどうすべきかを決めてください。
久々に体重計に乗ったら、思いがけなく太っていたという話は珍しくありません。
自分では特にたくさん食べたわけでもなく、同じように生活しているのに体重が増えてしまった事もあるでしょう。
体にいい食事や運動を普段からすることによって、減量の必要のない適正体重をキープし続けることが理想的な状態といえます。
0

2012/8/29

痩せる方法  

世界各国で肥満率の増加は問題視されていますが、効率的に痩せる手段もいくつも考え出されています。痩せる効果があるという方法で、体重を減らそうしている人もいます。スリムな体になって美しくなりたいという目的で、太ってなくともダイエットをする人もいます。体重を減らすやり方はいくつもあります。どの方法なら痩せやすいかは、個人差があるといいます。
時には間違ったダイエットをしてしまい、かえって健康を壊してしまうこともあります。体にいいダイエットをするため、自分の体が痩せるにはどの方法が適切かを考察した上で方向性を見極めてください。
短い期間に大幅に体重を減らそうとする人もいますが、リバウンドのリスクを高めたり、拒食症になる場合もあります。
痩せる方法は色々と存在していますが、短期間で痩せる方法であるほどリバウンドリスクが高まります。長期間にわたって継続して痩せる方法を実践する方が、体への負担も少なく、より確実なダイエットができるでしょう。
成人した男性が一日に摂取しなければならないカロリー量は、毎日同じくらいです。痩せるように食事のバランスを組みたいのであれば、摂取量を消費量より少なく抑えることです。
負荷の大きいダイエットをわざわざせずとも、効率的に痩せる方法を実践することができます。
0

2012/8/29

減量には食事を見直す方法が大切  

食べる量を減らすことによって減量を行い、体重を少なくしたいという人はたくさんいます。食事制限をする場合、食事メニューを何にするかも大事です。基礎代謝をアップすることによって、脂肪が燃焼しやすくなり減量効果はより高まるためです。食事を見直す事に追加して、運動を取り入れることで基礎代謝を上げることが出来ます。ダンベルやストレッチなどの筋力トレーニングをすることで筋肉量が増えれば基礎代謝が上がります。筋トレはエネルギー消費を促す行為です。毎日続けることで筋肉が増え、基礎代謝の高い体質になって体重が減りやすい状態になれるといいます。
毎日が難しい場合は、一週間に2回から3回でも十分効果があります。むしろその方が減量にいいという話もあります。
筋肉量を増やすためには、何を食べるかについても気を遣うといいでしょう。体重を減らす事を目的としているからといって、低カロリーのものばかり食べていると、基礎代謝が下がってしまいます。
筋肉量を増やすには、筋肉の源になる良いたんぱく質を摂取する必要があります。減量という言葉で連想するのは、脂肪や肉を使わない食事をすることでカロリー制限をするという方法です。
カロリーの少ない食事を続けていると、体が低カロリーの食事に順応して脂肪を燃やさない体になります。
減量を目指すのであれば、食事にはたんぱく質を積極的に使いましょう。低カロリーでたんぱく質が豊富な食材は、納豆や豆腐、ヨーグルト、鶏ささみなどです。体重を減らすために低カロリー高たんぱくの食事内容と適度な運動を続けることが、効率よく減量するためには最低限必要な事なのです。
0

2012/8/29

減量と体重が増えるメカニズム  

効率的な減量を行うためには、どのような仕組みで体重が増えるのかを理解することが大事です。多くの場合、増える体重とは脂肪のことです。脂肪が増えるのは、一日で使い切れない量のカロリーを摂取した時です。体内で使うことができなかったぶんのカロリーは、体外に排出されずに脂肪として貯め込まれます。これが体重増加の原因になるとというシンプルな仕組みです。
減量をするためには、使うカロリーより取り入れるカロリーを少なくします。必要なエネルギーを脂肪から得る状態にするわけです。
摂取カロリーとは、主に食事から体内に取り入れるカロリー量のことをいいます。消費エネルギーと言うのは、基礎代謝と呼ばれる、人間が生きる為に1日に最低限必要なエネルギーと生活や運動などによって消費したカロリーを合計したものです。基礎代謝は人間が使っているカロリーの70%であるといいます。基礎代謝の高い体質になることが、減量には効果的です。もしもダイエットを目的に食事量を減らしているという場合、体が少ないカロリーに順応した結果、基礎代謝の低下によって減量が進みにくくなっていることがあります。
ダイエットを続けているのに思うように減量が進まないという場合は、基礎代謝をたかめるため運動やたんぱく質の摂取を心がけましょう。基礎代謝をアップさせる事に注意すれば、ダイエットの効果が出てくると考えられます。
基礎代謝を上げると、寝ていたり、体を動かさなくてもカロリーを消費する量が増えます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ