chayia

2012/8/29

体重と減量について  

体重など目方を少なくする行為が減量です。減量という言葉で連想するのは、ボクシングのために選手がサウナや食事制限で体重を減らすことではないでしょうか。厳しい運動や、時には絶食までして、人間の限界に挑戦するような減量をするボクサーもいるようです。
減量方法はボクサーではない私たちには、決して体に良い減量方法であると言えません。ボクシング選手の場合、減量の土台となる体が既に出来上がっているともいえるでしょう。
比べて私たちは運動しているにしても、厳しい訓練をしている訳では無いので同じような減量方法で体重を減らすことは不可能なのです。
なにより数日で体重を極端に減量するので、リバウンドしやすい体になってしまう可能性があります。体重を減らすのであれば減量後もリバウンドしないで、体重が減った状態を維持したいと誰もが思うものです。体内に脂肪が蓄積される過程を知ることによって、リバウンドのない減量方法がわかります。その上で日頃の食事や生活習慣、運動量を見直し、体に負荷をかけずに減量をするにはどうすべきかを決めてください。
久々に体重計に乗ったら、思いがけなく太っていたという話は珍しくありません。
自分では特にたくさん食べたわけでもなく、同じように生活しているのに体重が増えてしまった事もあるでしょう。
体にいい食事や運動を普段からすることによって、減量の必要のない適正体重をキープし続けることが理想的な状態といえます。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ