chayia

2012/8/29

内臓脂肪をダイエットで減らして病気を防ぐ  

内臓脂肪量が多いと、高血圧や糖尿病など身体的なトラブルが起きやすいといいます。ダイエットで内臓脂肪対策を講じましょう。体内の筋肉が少なく、内臓脂肪が多いという場合、ぱっと身の印象が太って見えないことがあります。ふくよかでも太り気味にも見えなくとも、ダイエットで内臓脂肪を減らすべきという人もいます。
いらない脂肪が体にたくさんあると健康上好ましくないため、プロポーション云々というより、健康のためにダイエットが必要なのです。
外見の印象が太く見える皮下脂肪は、直接的な健康への影響は案外小さいといいます。
血液の流れや血管の問題が起きやすくなる原因に、内臓脂肪の増加が関わっているとされています。ダイエットで脂肪の代謝を促進することで、内臓脂肪を減らし健康増進を図っておくことが重要です。
体重が標準的な範囲内にあっても、内臓脂肪の割合が高いと血糖値が高くなりやすく糖尿病の危険があるとされています。
内臓脂肪の多い人は、高脂血症や脂肪肝にもなりやすいといった統計もあります。腹部に脂肪が集中しているという人は特に、ダイエットで脂肪を燃焼させることで健康維持をはかる必要性が高いといいます。
内臓脂肪は蓄積されやすい脂肪ですが、血管近くにあるため脂肪が血液に溶け込みやすく、運動の効果が表れやすい部位です。
有酸素運動を中心としたダイエットで、内臓脂肪を減らして積極的におなか周りのサイズダウンを目指しましょう。



多汗症のことなら
このサイトが一押し情報満載ですよ。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ