2011/9/22

卵アレルギーについで多いのがミルクアレルギーだといわれている  健康

卵アレルギーについで多いのがミルクアレルギーだといわれています。ミルクは本来子牛が健康に育つための栄養素がたっぷりと含まれているのです。威哥王
アミノ酸などの豊富さは他の食品の比ではないため、その中のアレルゲン物質も強いものがあるということです。
このアレルギーの症状の特徴として、生後2〜3ヶ月に集中するというデータがあります。その後成長し、2、3歳になると非常に発症の割合は少なくなります。
卵アレルギーが成人してから起こるのとは違い、ミルクの場合は幼少時のみに起こるようです。
ミルクアレルギーが起こるようになった原因の1つに、日本における女性の社会進出というのがあげられます。
一見関係ないように思えますが、これは母親の授乳の形態の変化につながるのです。
近年ではミルクなどの人口栄養で育てられた母親から胎盤を通じてアレルゲンが胎児に移行しているのではないかという説も存在しています。
ミルクのタンパク質は大きく分けて、カゼインと乳清タンパク質に分けられますが、その中でアレルギーを引き起こすタンパク質はβラクトグロブリン、カゼイン、αラクトグロブリンあたりと考えられています。そばはアレルギーを発症しやすいものの1つといわれています。
日本人が昔から食べてきた食物であるために日本人とは切っても切れない関係にあるそばがアレルギーを引き起こすということは、大変なことですが最近はこのアレルギーは増加傾向にあるようです。そばアレルギーはかなり重い症状の場合も多く、そば屋さんの前を通りがかって、わずかなそば粉を吸い込んでしまっただけでも症状を引き起こしてしまう場合もあるようです。
これは食品アレルギーの中でもかなり激しい症状の部類に入ると思われます。
また、数年前に学校給食でそばを食べた児童がそばアレルギーで死亡してしまったという悲しい事件がありました。
これは自分ももちろんですが家族でさえも、子供がそばアレルギーということを知らずにいたということです。
実際に重い症状が出てしまうまでは気づかないケースもあるのでこの点は非常に注意が必要です。正式名称はアレルギー性鼻炎といいます。
この病気は鼻粘膜が刺激されて起こってしまうI型アレルギー反応というものです。
主な症状の特徴としては、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、これらが頻繁に起こるというものです。
特に子供は鼻粘膜の肥満細胞に作用して、そこから化学伝達物質のヒスタミンを出しているため、大人に比べて鼻づまりの症状が出やすいと言われています。
一方、くしゃみや鼻水は化学物質が直接作用することはなく、鼻粘膜の組織に刺激を働きかけるので大人、子供とわずに発症します。
アレルギー鼻炎の主な原因としては、子供のことはダニによるもの、成人になると花粉によるもの、中心のようです。
しかし、最近では子供の間でも花粉によるアレルギー鼻炎が増加し始めているので注意が必要です。
花粉の中でもスギ、ヒノキ、カモガヤ、ヨモギ、ブタクサなどがアレルゲン物質として挙げられます。この中でもスギ花粉によるものがもっとも多いようです。
治療法としては、抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬の内服薬と点鼻薬が基本的な方法です。
予防するための効果的な方法としては、まず家庭内のアレルゲン物質を出来る限り排除することが重要です。
なるべく部屋のすみずみまで、清潔にしておくことが効果的でしょう。天天素
0

2011/9/14

紺色の生地に乙女ちっくな白いフリル  小説

 時計の秒針の音だけが聞こえる静かな部屋に、チャイムが鳴り響く。
 小走りで玄関まで行き、それから深呼吸をひとつ。
 あの時給に群がった中で、たった1人選ばれたのだ。
 頑張らなくては。
 
 ドアノブに手をかけ、ゆっくりと押し開く。
 黒いスーツに身を包んだ、横に大柄な男がのそっと入ってきた。
「お、お帰りなさいませ」
 彼が眼鏡を押し上げ、期待に満ちた目で私をみる。
 深呼吸をひとつして口角をあげる。
「お帰りなさいませ、ご主人様」
「ただいま、ゆきちゃん」
 満足気に頷く姿に、そっと胸を撫で下ろす。
 
 鞄を預かり、一歩後からついて行く。
「ゆきちゃん、今日のメニューはなに?」
 鞄をクローゼットに置き、預かったスーツをハンガーに掛ける。
「本日のメニューはこちらになっております」
 そう言って、ホワイトボードで作った簡易メニューを丁寧に手渡す。
「今日はクリームシチューか。いいね、さっそくご飯にしてくれる?」
「はい、すぐに用意しますね」
 
 急いでキッチンに向かう。
 作ってから少したってぬるくなったシチューを温め直す。
 煮物のラップをとり、冷蔵庫からサラダを出した。
 なにやら視線を感じて顔をあげると、彼が眼鏡を拭きながらこちらを見ていた。
「どうしたんですか?」
「やっぱりゆきちゃんにはその服が似合うなーと思ってね。写真を見た時に僕のハートにびびびっときたんだよね」
 言われて胸元を見下ろす。
 紺色の生地に乙女ちっくな白いフリル。
 頭にはカチューシャ、首元にはリボンを結び、腕はバルーン袖のように丸みをおびたシルエットだ。
 スカートは意外と長く、ちょうど膝ぐらいまである。
 アイロンはかかっているみたいだけど、見たところ何度も洗濯をしたように僅かに毛羽立ちがあった。
 シチューをかき回しながらあーあ、と心の中で呟く。
 お金持ってるんだったら、これぐらい新調してよね。
 コンロの火を止め、シチューをスープ皿に移す。
 
 振り返ると、彼はもう私なんて見ていなかった。
 目はテレビに釘付けだ。
 画面ではセーラー服を着た二次元の女の子が、スカートをひらひらとさせながら歌にダンスに大忙しだ。
 鼻の下を伸ばす彼をよそに、私は冷めた思いで彼女を見つめる。
 こんなピンクの髪にしろとか言われたらどうしよう。
 そうなったらいくらこの時給でも、割に合わない。
 ぼーっと立ち尽くす私に、彼はようやく気付いたようだ。
 短くなった鼻の下をさすり、
「今日からよろしくね、ゆきちゃん」
と、にちゃっと笑った。
0
タグ: 健康 三便宝 五便宝

2011/9/14

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ