夏になると足の裏や、足先全体が熱くなる  健康

もう何年も前から、小さいときからかな。夏になると足の裏や、足先全体が熱くなるんですよね。花痴
特に夜、横になって寝ようとするときなんかは、熱くて寝られないくらい。でも、いったん寝てしまうとこのことは忘れてしまってる。
あと、スポーツシューズや登山靴なんか履いてるときも、異常に足が熱いときがありました。熱がこもって熱いというのではなく、あきらかに内側から発熱している熱さでした。
で、ずっとおかしいと思いながらも今日まで来たのですが、その答えがやっと分かりました。ネット生活もずいぶんなるのに、何でいままで検索しなかったんだろ。
答えは「冷え性」だそうです。足が熱いのに冷え性とは不思議なものですが、そういえば、冬は、足が寒くてフリースの靴下履いて寝てたりしてた。
これまた、冬は誰でも足は冷たくなるでしょ?と思って、無視してましたが、実は自分が冷え性だったなんて!!!
冷え性の原因は、第一に自律神経失調症、そのほかホルモンバランスや貧血系とかさまざまあるそうです。
いろいろ読んでみると、冷え性の解決法は血行を良くすることのようです。手段としては、運動、食事、マッサージ、ツボなんかがあります。
一方で、夜、足が熱いからといって、冷やすのはかえって逆効果とのこと。一瞬は気持ちよくても、体が暖めようと反応して、さらに熱くなるそうです。
私は手っ取り早く、日頃の健康管理もかねて運動しようと思います。気になっている方は「足の裏が熱」で検索してみてください。
同じ境遇の人がたくさんいます。冷え性の対策については「冷え性」で検索してみてください。威哥王
こういう症状ある方、快眠するためにも、冷え性を克服しましょう!
最近また調べてみました。冷え症には関係なく、眠るときは体の中心の温度が下がって、体表面で熱を発散する仕組みがあるそうです。冷え性の人は、この温度上昇に敏感に反応して、かえって火照っているように感じるとか。
私も含めて、足が熱すぎて眠れない人にはつらいところですが、眠りに向かっていることは間違いないので、かえって逆効果になる「足を冷やす」ことだけは避けて、寝床につく前に十分リラックスして、しっかり眠くなってから、一気に寝てしまいましょう! 
逆に、冬に冷え性で足が冷たくて寝られないときは、この温度上昇を生かすことができます。寝る前に軽い手足の運動で積極的に手や足の温度を上げてやると、眠りやすくなるとのこと。これを活用して、足だけでなく、ぬる目のお風呂などで一旦全身の体表面の温度をあげてやると眠りやすくなるそうです。
冷えるシーツ「スペース涼シート すやすや」なるものがNHKで紹介されていました。固体が液体になるときに温度を吸収する効果を利用して、寝つきでひんやりする効果があるそうです。時間がたっても、まだ触れてない部分に触ればまたひんやりするとか。枕もあるようでうです。NHKで紹介するくらいですから、ある程度効果があるかもしれません。どうしても足を冷やしたいという方には試してみる価値があるかもしれません。五便宝
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ