2017/3/9  20:28

HIDヘッドライトのD2Rバーナー交換@141958km  【アリア】電気・電装関係

半月前の夜、仕事帰りにアリアを運転していると、突然左前方のヘッドライト光がおかしな揺らぎ方をした。
駐車場に帰ってから確認すると、右目は正常に輝いているが、左がヘンな赤目。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
HIDライトのクルマって今まで乗った事が無いのだけれど、これはおそらくタマが切れかかっているのだろう…。
と思っていたら、数日後に左は点かなくなったw。

ネットで調べてみると、フィットアリアのヘッドライトHIDのタマ(バーナー)の規格は、D2R/35Wというものらしい。
純正だと、古いパーツリストでも1本13000円という値付け。
こりゃマズイ…とかなり焦ったが、今では中国製がはるかに安価で売られているらしい。
1本数100円なんてものまである。
でも、あんまり安いのもすぐ切れそうなので、2本セット送料等込みで2957円というものを取り寄せた。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
使ってみなきゃ分からないけど、外観上はキチンと作られた物っぽい。
期待しよう。

さて、以前のスモールライトバルブ交換で思い知らされたように、GDフィットのフロントヘッドライトユニットのタマ交換は、エンジンルームからは作業できない。
スモールくらいならフェンダーのインナーカバーを一部剥がして腕つっ込んでの手探り作業も可能だが、ヘッドライトのタマ交換となると、ヘッドライトユニットを取り外さねばムリ。
しかも、ヘッドライトユニットを外すためには、フロントバンパーを外さないとダメなのだ。
なんというバカ設計!
なんという勘違い!
こんな事を二度と大衆車でやるなよ、ホンダ。

ぼやいていても仕方ない。
確定申告書も仕上げなきゃいけないのだが、近々では今日しか作業できそうもないので、作業に取りかかった。
クリックすると元のサイズで表示します
積算走行距離141958km
クリックすると元のサイズで表示します

まずは、バンパー外し。
クリップ8本とタッピングビス4本を抜く。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
そして慎重に嵌め合いを引き抜いて、バンパーを外す。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
ここまでで小一時間だよ、ふう…。

続いて、ヘッドライトユニット外し。
クリックすると元のサイズで表示します
10mmのボルト4本を抜くと外せる。
上の前方。
クリックすると元のサイズで表示します
上の後方。
クリックすると元のサイズで表示します
前の下。
クリックすると元のサイズで表示します
横の下。
クリックすると元のサイズで表示します
ボルトを抜いて軽く前に引けばユニットは簡単に外れるが、裏側にコネクターが5個つながっているので、回したり突起を押しながら引いたり適切な手段を選んで慎重に外す。
クリックすると元のサイズで表示します

ユニットが外せれば、ヘッドライトのタマ交換自体はごく簡単。
クリックすると元のサイズで表示します
ただしバーナーのコネクターの樹脂カバー下部が、なんとまあトルクスネジでとめてある。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
高電圧のかかる端子だからド素人には簡単にいじって欲しくないのだとしても、こんな所にトルクス使うなんてはなはだ疑問。
こうしなきゃいけない規則でもあるなら話は別だけど…。
ともあれ、T20のトルクスネジを抜いて左に回せば、黒い樹脂カバーは外れる。
クリックすると元のサイズで表示します
銀色のバーナーコネクターも、左にひねれば外れる。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
ここまで来れば、もう白熱球やハロゲンパルプでも見慣れた景色。
クリックすると元のサイズで表示します
金属製の固定バネを外せば、バーナーを抜き取る事ができる。
クリックすると元のサイズで表示します

点かなくなったバーナーを観察。
クリックすると元のサイズで表示します
なるほど、一部が焦げたように茶色い。
クリックすると元のサイズで表示します
純正バーナーは独フィリップス製だった。
クリックすると元のサイズで表示します
信頼性は高いだろうけど、スタンレーやコイトじゃないのはちょっと意外。
アリアはタイのホンダ工場で製造されていたからなのかな?
国内製の普通のGDフィットもそうなのかな?
ともかくこれからは、中国製と思われるバーナーに頑張ってもらおう。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
慎重に取り付けて、接続して、点灯チェック。
クリックすると元のサイズで表示します
うん、点いた^^。
右目バーナーも交換。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
よしよし^^。

ヘッドライトユニットのボルトをしっかり本締めして、あとはバンパーを戻せばいいのだが、せっかくだからいつもは見られない所を観察。
こんな風にして衝撃吸収させてるんだね。
クリックすると元のサイズで表示します
あ、こんな風にフォグランプ用のハーネスが来てるんだ。
クリックすると元のサイズで表示します
スイッチだけどうにかすれば、中古の純正フォグを取り付けるのはそんなに難しくはないんだな___φ(..)メモメモ。
これって、フォグ用のハーネスじゃなくて、SRSエアバッグ用のセンサーなんだね。
パーツリスト見て確認した。
いかんいかん;;;w。

バンパーを取り付けて、作業終了。
クリックすると元のサイズで表示します
写真撮ったり、ウェットティッシュで拭き掃除したりしながら作業したせいもあるけど、全部で4時間近くかかっちゃったよw。
頼むから簡単に切れたりするなよ。

あ、クリップは何本か爪が欠けたりしちゃったから、後日新しいのを買ってこなきゃ。



2017/3/15  21:16

投稿者:REI

もうとんでもないほど面倒でした。
ふざけんなって感じw。
マーチもバーナー交換けっこう面倒なんですね。
でも、ま、レンズくらいなら我慢しましょう(笑)。

ハーネスは、SRSの物でした。
訂正しました。
はずかしい;;;;。

2017/3/13  7:35

投稿者:いたっち

バンパー外しての交換は面倒ですね〜。
私のマーチもバンパーは外しませんがレンズを脱着せねばバーナーの交換が出来ません…それでも面倒ですが(笑)
あのハーネスはエアバッグのセンサーではないでしょうか?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ