2012/4/14

伝わらない思い  

 「いいなあ!」
 転勤が決まった上司がグループメンバーに次の勤務地を発表したとき思わず言った。
 席に戻った直後に「あの場であの発言はどうかと・・・」と先輩社員からメールがきた。
 「申し訳ありません。私も言ったあとで「しまった」と思いました。どうしたらよいでしょうか?」とメールを返した。
 本当は、その上司へのエールだった。そしてその勤務地はふつうの感覚なら今の勤務地よりはおしゃれで、私の発言は、ふつうならまったく自然な発言でもあった。
 そして、その先輩社員から私のメールへの返信はなかった。

 非難するためのメールだったのだろうか。思いをぶつけるだけのメールはビジネスの場では意味がない。諭すのだったら解決方法のアドバイスまでするぐらいのビジョンを持ってメールしてほしい。
 とはいえ、日常私も、すぐに相手の思いを肯定するような返事をするものだから、いつまでたってもほんとうは違うのに、という思いを抱えることになる。

 上司にとっては、青天の霹靂だったという。転勤を喜んでいないという感情もあらわにしていた。私には、彼の心の中はわからない。子会社への出向でもありもしかしたら誰から見ても左遷に見えたりするのかもしれない。だが、私の見方は全く違う。子会社のほうが活躍できる人というのもいるものだし、私自身は子会社へ行きたいと考えているぐらいだからだ。本体より給料のいい子会社をつくる、これは私の夢のひとつだ。

 今回の上司の転勤については、私は彼のモチベーションの低さにかかわりなく、ものすごく彼にとってよい方向にいくような気がして仕方がない。本体でグループリーダーでちまちまやっているよりよほど活躍できると思う。

 実際、彼はよくやった。彼にできなかったことはたしかにある。が、彼のよいところはある程度活かされていた。彼自身もまだまだやりたいことはあったかもしれない。

 今まで書いてきたサラリーマンのホームページが、NTTの突然のサービス停止で全て消えた。取り戻したいという問い合わせにも応じない。日常のサラリーマン生活を綴る場所が自分には必要なようだ。このブログが、当分その場になる。よろしくおつきあいのほど、お願いします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ