2012/5/30

様々な経緯のもと  



様々な経緯のもと、このように決定している社会保険庁改革ですが、その問題点も数多くマスコミにより取り挙げられています。
例えば、「“非公務員型公法人”とうたっているものの、結果的に現在の社会保険庁の職員が運営するのであれば、悪い体質を変えることが出来ず、根本的な解決にならない」や、職員はもとより、これらを管轄する国家公務員の体質が改善されなければ、表面上が変わっただけで中身が変わらない」などです。
 また、他のニュースにより、この年金や社会保険庁の問題が水面下に潜ってしまうことも問題点として指摘されています。
お守り
相当の覚悟
細かい電話番号
オススメできません
大きな揉め事
どうしても許せない
自己責任にて
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ