7月27日(土)2013年度第3回イベント(夏の観察、作業体験会)のご  農業体験

今年は、夏場にも観察会をかねてイベントをやろうということで、特別イベントを組みました。
とても暑い時期ゆえ、予想はしていましたが、参加人数は11名+お子さん1名。
体力に自信のある?少数精鋭による体験会になりました。

はじめに、摘心、摘房の考え方を説明し、暑いので、1段目だけ展開して作業を行いました。
今年は雨が少ないこともあり、枝があまり伸長しておらず、葉数が少なめのため、房の数を減らしぎみにしますが、ただし、摘房はその責任重大さで皆手がでないので、説明しながら、きるかどうかを管理者が判定し(かなり悩んでおりましが)、各自が体験摘房しました。

クリックすると元のサイズで表示します



さらに、防除剤の散布を行いました。(これは圃場全体)
防除剤といっても、秋元畑では、無農薬を目指しており、病気の予防として、ヨーグルト(乳酸菌)、納豆(納豆菌)、酵母、砂糖を混ぜて熟成させたものの散布です。
これらの菌類が病原菌であるカビ類の活動を抑えるとの考え方です。
クリックすると元のサイズで表示します



さすがに、1時間ほどたって、暑さで、皆ヘロヘロになりかかってきたので、車でワイナリーに移動。
早速、試飲懇談会に移りました。

今回、事務局側で用意したのは、デカきゅうりの生ハム巻き、チキンのトマトにで、いずれも甲州にはぴったりのメニューです。

参加人数が少ないため、会費で提供できるワインの数は制限されましたが、なぜかどこからともなくワインが湧き出て皆飲みすぎたようです。
クリックすると元のサイズで表示します

試飲会には特別ゲストとして、横浜でワインbar「Tomeis」を経営するScottさんが合流。
小規模なブティックワイナリーにしか興味がないとのことで、甲州種のワインに特に興味を示されました。
そのうち、共同オーナーのワインが横浜のBarに並ぶかも知れません(期待)

クリックすると元のサイズで表示します


3時ころには一応終了しましたが、一部の泊り込み組も含めて懇談会は23時過ぎまで続きました。
1
タグ: ワイン 甲州 作業



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ