2011/3/23 | 投稿者: coke

仕事は、有価証券の新規発行の引受や仲介による資金調達や、M&Aや合併、買収などのアドバイスなどがメインです。
その他、財務面では不動産やローン債権の証券化などによる資金調達、金利や為替等のデリバティブズを用いたリスクヘッジなども行います。

インベストバンカーは、相談を依頼された案件に対し、できるか否か、どの程度の利益が見込めるか、クライアントおよび自社にとってどんなメリットがあるか、といった視点で仕事をしています。

具体的な仕事内容を挙げていきましょう。

まず一つには、債権流動化・証券化業務があります。
これは、売掛債権・ローン債権・リース債権などの流動化・証券化によって、資産のオフバランス化と資金調達を行い、債権の回収リスクの軽減を実現する仕事です。

次に、資金調達業務。
これは国内外の社債、ハイ・イールド債、ミディアム・ターム・ノート、コマーシャル・ペーパー、仕組み債などの起債を行う仕事です。

さらに、不動産の投融資に関するアドバイザリー業務。
こちらは、クライアントの持つ不動産の証券化、ファンドによる不動産物件の買収、物件を担保とした資金調達などを行います。その他、不動産アセット・マネジメント、不動産物件の査定、不動産ポートフォリオの管理なども行います。

そして、事業再編、再生支援業務。
これは、クライアント企業の事業の再編・再生にかかわる財務戦略コンサルティング、M&A情報の提供、M&Aアドバイザリー・サービスのほか、プライベートエクイティ投資(MBO、MBI)、LBO(買収対象企業の資産を担保に買収資金を融資)などを行う仕事です。

【給料・年収で選ぼう!リアルな転職ガイド
】引用
http://www.cascool.com/income/archives/15

以下、金融関係についてまとめられているサイトです。
DODA(平均年収とか載ってます)
金融業界専門の転職支援サイト(投資銀行だけでなく他の業界も書かれている。運営者がわからなかった…)
日本政策投資銀行
0

2011/3/16 | 投稿者: coke

企業の全社戦略や、M&Aにおける事業統合のサポートなど、企業経営のトップレベルに関わるコンサルティングを中心に行う。 経営戦略をコンサルティングするため、トップ企業において経営企画や事業企画等に携わっていたスタッフを中途採用を通じて獲得し育成していくキャリアパスに加え、近年ではマッキンゼーやBCGなどに代表されるトップクラスの戦略系コンサルティング企業においても若干名を新卒で採用し、ゼロから鍛え上げる事例が増えている。

戦略系コンサルティングファームにおいては資格等は特に求められず、採用の基準は主に論理の構成能力・表現能力及び過去の実績等を基準に採用活動が行われる。取得者の多いMBAについても必ずしも必須ではなく、上記の能力をベースに採用の判定が行われるため、MBAコースを卒業することが戦略系コンサルティングファームへの入社を約束するものではない。

事業領域としては、外資系大手企業においても近年では得意領域の棲み分けが進んでいる。一般の事業会社に対するコンサルティングが多くを占めるが、近年ではファンドを含めた金融機関等に対する支援業務も増加している。

【wikipedia引用】

以下、戦略コンサルタントについてまとめられているサイトです。
wikipedia
ビジスパ(現役コンサルのメルマガが読める)
ムービン・ストラテジック・キャリア(詳しく書かれている)
0

2011/3/16 | 投稿者: coke

ITコンサルタントの仕事は、ちょっとしたIT活用の相談から、大きなシステム導入のマネージャまでその守備範囲は多岐に渡ります。また、ITコンサルタントという資格はなく、多くは中小企業診断士、ITコーディネータ、情報処理技術者(システムアナリスト、プロジェクトマネージャなど)を組み合わせているケースが多いでしょう。

・IT活用相談
大手企業ではITに詳しい社員や専門の部署があるため、ITに関する問題も自社で解決できますが、中堅・中小企業になるとそうはいきません。その場合、ITコンサルタントに相談します。相談内容は、簡単なパソコンの使い方から、ウィルス対策、ホームページの利活用法方、システム開発の進め方など内容は様々です。IT相談はどんな相談でも対応する必要があるため、幅広い知識と経験が必要になります。尚、このような相談は、都道府県の中小企業支援センター経由で依頼されることが多いので、同センターに専門家登録をしておく必要があります。

・情報化企画作成支援
IT を活用して業務効率化や売上向上を図りたいという企業が、具体的にどうすればいいか分からない場合、ITコンサルタントに情報化企画書作りの支援を依頼するケースがあります。情報化企画書には、システム化の目的、新規業務内容・フロー、システム全体構成図、システム機能、概算費用・スケジュールなどを盛り込みます。ITコンサルタントがヒアリングをして全て作成する場合もあれば、作成方法を指導して企業側で作成するケースもあります。

・システム導入アドバイザー
作成された情報化企画書をもとにシステム開発を行う場合、ソフトウェアを開発するITベンダーの選定や、開発に入ってからのプロジェクト管理など中堅・中小企業だけでは対応できない場合、アドバイザーとしてプロジェクトに参画します。この場合、経営者、現場担当者、ITベンダーなどそれぞれの思いや利害を調整する役割を果たす場合もあります。あくまでもシステム導入を行う企業を支援する立場になります。

・システム導入マネージャ
アドバイザーから一歩進んで、プロジェクト全体管理を任される場合もあります。この場合、支援する立場でなく企業内に入り自身が中心となってシステム開発プロジェクトを運営していきます。

【Allaboutより引用】

その他、ITコンサルタントについてまとめられたサイトです。
Allabout
ムービン・ストラテジック・キャリア
DODA(平均年収とか載ってます)
0

2011/3/15 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ