2013/2/25

メタボリック、生活習慣病、脂肪過多  

バイ菌やウィルスなどの病気を連れてくる病原体(病原微生物)が肺へ入り込んで発病してしまい、肺の中が炎症反応を呈示した状況を「肺炎」と言います。
メタボリックであるとは言われていなかったとしても、臓器の脂肪が蓄積してしまう手合いの悪い肥満を抱えることにより、複数の生活習慣病を発症しやすくなります。
内臓が脂肪過多になっている肥満と診断された上で、脂質過多、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧」、高血糖の中で2〜3項目に相当する様子のことを、メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)と呼んでいます。
チェルノブイリ原子力発電所の事故のその後の追跡調査のデータをみると、体の大きな大人よりも体の小さい子供のほうが広まった放射能の悪い影響をより受容しやすいことが読み取れます。
内臓脂肪症候群(メタボ)であるとは診断されていなくても、臓器に脂肪が付く型式の悪質な肥満を持っていることにより、複数の生活習慣病を招く可能性が高まります。

ミュゼ表参道
0

2013/2/24

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ