儒教的世界流行日本  

また、儒教的世界観では、中国の帝国が周辺の野蛮人の国よりも勢力も強く、倫理的にも優れるという中華思想が根本にあった。当時の日本では儒学が流行し、中国の物は何でも優れ日本の物は劣る、という中国かぶれの風潮があった。当時中国は漢民族の明朝が滅んで、万里の長城の北の野蛮人の満州族が皇帝の清朝となっていた。ただ、朝鮮の小中華思想は、中華から朝鮮への継承権の委譲とでも言えるものだが、素行の主張は攘夷や国粋といったスタンスである。また歴史を見ると、中国では王朝が何度も替わって家臣が君主を弑することが何回も行われている。中国は中華ではなく、日本こそが中朝(中華)であるというのが、この書の主張である。

また「阿弥陀信仰」とは、阿弥陀仏を対象とする信仰をいう。浄土教(じょうどきょう)とは、阿弥陀仏の極楽浄土に往生し成仏することを説く教え。「浄土門」、「浄土思想」とも。学問的に仏教思想を扱う場合に、浄土信仰を仏教とは別の宗教とみなして「浄土教」という語を使う場合もある。日本では浄土教の流行にともない、それぞれの宗旨?宗派の教義を超越、包括した民間信仰的思想もに含めることもある。また阿弥陀仏は多くの仏教宗派で信仰され、はひとつの経典に制限されない懐の広さを持つが、ともすれば偶像崇拝や、阿弥陀如来のみを尊び、他の仏を排する一神教的信仰思想に陥りやすい側面もある。

しかし中国?日本においては、浄土教の流行にともない、浄土といえば一般に阿弥陀仏の「西方極楽浄土」をさす。





0
タグ: 中国

淘中国  

淘宝網が日本ヤフーと協力したプラットフォーム「淘日本」は正式にオープンした。これは馬雲の「大淘宝戦略」=国際化の始まりだといえる。しかし、1ヶ月以上が経って、「淘日本」は翻訳、物流、税金などの方面で様々な問題があることがわかってきた;支付宝(アリペイ)は、タオバオだけでなく、同じグループのアリババ中国や、amazon中国の取引でも支払いができるようになっていますので、最近タオバオ以外で取引を希望する方も増えてきました。交渉はアリババJAPANでご自身でやって、最後の支払いの交渉を当方でやって、アリババJAPANで怖い、前金支払いを、アリババ中国と支払宝をつかって商品が到着してからの、後払いに実現することもできました。

淘宝網が日本ヤフーと協力したプラットフォーム「淘日本」は正式にオープンした。これは馬雲の「大淘宝戦略」=国際化の始まりだといえる。しかし、1ヶ月以上が経って、「淘日本」は翻訳、物流、税金などの方面で様々な問題があることがわかってきた。タオバオ新幹線がタオバオで仕入れて、日本のオークションやネットショップで販売した商品リストをメルマガにて公開します。タオバオ新幹線がタオバオで仕入れて、日本のオークションやネットショップで販売した商品リストをメルマガにて公開します。

また、タオバオで毎日商品を探しているスタッフが定期的に『この商品買いたい!』といったお買い得な商品情報も配信しますので、あなたもお宝商品が簡単に見つかるかも!
0
タグ: 中国




AutoPage最新お知らせ