でき婚の実態  ブログ

1990年代後半より、様々な複合的要素により、婚前妊娠をきっかけとする結婚の報道が急増し、実態が徐々に社会に知られ「できちゃった結婚」という名称が使われるようになった。
若者の間では省略して「でき婚(出来婚)」と呼ばれる場合がある。

AV動画に対して非倫理的とする価値観の上で、婚前妊娠をきっかけとする結婚に対しての侮蔑・否定・非難などネガティブなニュアンスを含む言葉であるため、ブライダル業界の間ではこの様な表現を避け、子をもうけることと結婚という慶事が重なったという趣旨の肯定的な言い換え語で呼ぶ場合もあり、妊娠したことを表現する「おめでた」を用いた「おめでた婚」、子宝を授かるという意味から「授かり婚」[2]、などの呼称がある。

それ以外では、結婚・出産と二重の喜びを意味する「ダブルハッピー」(結婚情報誌『ゼクシィ』の用語)、ママ+マリッジ(marriage、結婚)から「ママリッジ」、妊婦姿での結婚式から「マタニティウェディング」と表現するなど、様々な造語が考案されている。
0




AutoPage最新お知らせ