2011/9/14

身に覚えのあった人も、「なぜ私が!」と絶句した人も、糖尿病の宣告は重いもの  健康

身に覚えのあった人も、「なぜ私が!」と絶句した人も、糖尿病の宣告は重いものです。生涯にわたる病気ですし、子供への遺伝性も高いのです。でも、治癒はしませんが治療はできますよ。Sex Slave
何より重要なのは自分でやることです。粘り抜く覚悟と正しい知識、そして病気と折り合うセンスが求められます。今回はそもそも糖尿病とはどんな病気かをご説明します。
糖尿病とは炭水化物の代謝障害です。もちろん食事の後の消化・吸収はちゃんとできますが、問題は血液の中に入った大量のブドウ糖が、エネルギー源としてたくさん取り入れるはずの筋肉や脂肪細胞にうまく入れないことにあります。
ここが病気の本質です。利用できないのであり余ったブドウ糖は尿から流れ出るようになります。これが病名の由来ですが、尿糖があるのは病気の症状のひとつに過ぎません。尿に糖が出る病気ではありません。うまくブドウ糖を取り入れられない病気だから尿に糖が出るのです。
ブドウ糖を血液中に一定に保つために必要なだけ筋肉や脂肪細胞に取り入れるようにコントロールしているのが、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンです。そのインスリンがすい臓から分泌されない、あるいはその量が不足している、逆に必要以上に分泌されているのに十分に作用しない……いろいろな原因で慢性的に高血糖になるのが糖尿病です。ほとんどの糖尿病患者が1型か2型です。国や民族、地域によって違いがありますが、日本の糖尿病者の95%は2型と推定されていて、1型は1〜2%にすぎません。
1型糖尿病の場合、すい臓がインスリンをほとんど、あるいはまったく作りません。
2型糖尿病の場合は進行状況にもよりますが、ある程度のインスリンを作っています。しかし量が不十分であるか、体の細胞にインスリンが十分に作用しない状態のため、血糖値を下げるインスリンの効果が出なくなってしまうのです。
意外かもしれませんが、糖尿病=いわゆる「贅沢病」ではないのです。自然のものしか食べていないはずの、魚や鳥、犬にも発症します。かなりのことが分かってきましたが、正確な原因はまだ不明な病気です。
一番大きな要因は、遺伝と環境です。複数の要因が複合的に関与しているのは確かで、たとえば一卵性双生児の場合でも、一方が1型糖尿病でも、もう一方が1型になる確率は50%という研究結果があります。一卵性でも同じように発症しないということは、何らかの環境因子が双生児の一方に糖尿病を発症させたことを示しています。
ちなみに、一卵性双生児の一方が「2型糖尿病」になった場合、もう一方も2型になる確率は33-90%といわれています。2型の場合はほぼ100%という研究結果もあるようですから、2型がいかに遺伝的要因が強いか分ると思います。糖尿病の遺伝はまだ論議がとても多い分野です。
1型・2型の原因の詳細については、次回記事でご紹介しますので、そちらも読んでみてくださいね。威哥王
0

2011/7/8

アトピーが頭まで広がって発疹ができる  健康

アトピーが頭まで広がって発疹ができることもあります。ひどいときにはじゅくじゅくしてリンパ液がたれてきてしまうこともあります。このつらい状態をどう対処すればよいでしょうか。
勃起促進
アトピーが頭にまで広がると、髪の毛の刺激でとてもかゆくなってしまい、ブツブツと発疹が広がり、汁が出てくることがあります。この汁がリンパ液です。

リンパ液とはそもそも、身体中をめぐり、古い細胞や老廃物を吸収して運ぶという役目をもっています。なので、アトピーのために頭から流れでてしまうリンパ液は悪者ではありません。もちろん、アトピーの原因ではなく、アトピーの結果として出てしまうものなのです。

リンパ液が気になるからといって、常に頭をさわっていたりすると、逆に雑菌が頭に繁殖して不潔になってしまいます。このことがアトピーを悪化させる原因となるため、頭をいじりすぎないように、さわらないようにした方がよいでしょう。

シャンプーのときも、リンパ液を神経質に流そうとして頭皮をガリガリと傷つけることは止めた方がよいです。傷がつき、雑菌が入ってきてしまいます。リンパ液のことはあまり気にせずに、やさしく頭皮を傷つけないようにシャンプーすることを優先させましょう。

リンパ液まで出てくる状態のひどい頭のアトピーには、シャンプーの刺激で痛みを感じてしまうこともあると思います。その痛みをふせぐためには、アトピー用のシャンプーを使うことです。数多く売られています。

あまりにしみるときは、ストレスになりますから、2,3日は洗わなくてもよいと思います。しょっちゅう頭にさわったり、相当汚れることをしなければ、そこまで神経質にシャンプーをする必要もありません。
早漏防止剤
0

2011/7/7

多汗症の人がかく汗は、身体の一箇所だけではない  健康

多汗症の人がかく汗は、身体の一箇所だけではありません。あるいは身体全体であったり、腋、手のひら、足など身体の特定箇所に集中するなど、症状はさまざまです。その中でも顔に集中的に汗をかく多汗症というのもあります。

特に女性の場合は、顔に汗をかいてしまうと、化粧が落ちてしまったり、他の人に汗かきを見られると恥ずかしくなります。それを他人に指摘されたりすると、そのことで緊張してしまい、さらに汗をかいてしまう結果になりかねません。

特に夏の暑い日には、その多汗症にとって辛い時期ですので、汗をかくのが嫌で外に出ないなんて人もいるかもしれません。

そんな夏の暑いとき、緊張してしまったとき、スポーツをするなど体を動かしたときなど、一時的ではありますが、顔や頭部の汗を抑える方法があります。

顔や頭部の汗を抑える方法とは、半側発汗という作用を利用します。

半側発汗とは、身体の片側に圧を加えると、反対の片側だけが発汗する、という作用のことで、高木健太郎という先生が見つけ出したものです。

具体的には、皮膚圧反射という方法を使います。半側発汗の特徴は、体の一部を圧迫することにより圧迫されている側の汗の量が減り、逆側の汗の量が増えるということであり、これは、身体の左右上下に当てはまります。

例えば胸の乳首の周りを紐などで強く圧迫します。そうすると上半身が圧迫され、それにより顔や頭からの汗が減り、逆に下半身の汗の量が増えるとことになります。

芸妓さんや舞妓さんの帯はできるだけ胸高に締めるそうです。それにより、顔に浮かぶ汗を抑えることができ、化粧崩れを防ぐことができるといいます。これは、半側発汗の原理を利用した対策なのですね。

舞妓さんが夏でも着物を着て、おしろいをしっかりしていてもキレイで いられるのは、このように汗をかかない方法をとっているからなのですね。

そんな舞妓さんの秘密を応用して完成させた製品がこれです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ