ダンボルギーニの現在  ダンボール

東日本大震災の被災地を盛り上げるシンボル
として話題になった車があります

正確には車ではなく、
ダンボールでできた車の模型です

イタリアの高級車・ランボルギーニを
強化ダンボールで再現した、
その名も「ダンボルギーニ」

震災後過疎化した宮城県を盛り上げるために、
梱包会社の有志が作り上げたものです


当時はかなり話題になり、
twitterなどSNS上で写真が拡散されて
盛り上がりを見せていました

私も実物は見ていませんが、
写真を見て大笑いしました

「ダンボルギーニって!
素晴らしいセンスだなぁ」と

名前を似せているだけでなく、
ダンボールでできているとは思えない
高すぎるクオリティには驚きました

ヘッドライトにはLEDライト、
ドアミラーには本物のミラーが取付けられていて、
本当に走り出すのではないかというくらい
本格的な仕上がりです


そして、震災から6年が過ぎた現在

ダンボルギーニはどうなったのでしょうか


現在もシーパルピア女川という商業施設に、
常設展示されています

ダンボルギーニ目当てで訪れる
観光客も多いのだそう

復興の象徴ともいえるダンボルギーニが、
今も現役バリバリで
展示されているのは嬉しいですね

今後もあの震災を忘れないように
そして、復興が進むように

観光客を呼び寄せる復興の象徴的な存在で
あり続けてほしいです
0

ダンボールで子どもの創造力を高める自由工作はいかが?  ダンボール

早いもので、2017年も終わろうとしています

今年はどんな年でしたか?

ゆっくり今年の振り返りをしたいところですが、
12月は子どもがいるご家庭にとっては
一大イベントが待っていますよね

そう、冬休みです

子どもたちは待ちに待った休みを活用して
毎日遊びたいと思っていますが、
親御さんとしては早めに宿題を済ませて
安心させてほしいですよね

寒いので自宅でゲームや漫画ばかり…
も気にかかってしまうところです。

何かもっと独創的な遊びをしてほしい!
そこで、ダンボールを与えてみてはいかがでしょうか

実はダンボールは、自由工作にピッタリのアイテムなのです

ダンボールは基本的に茶色で、作りもほとんど同じですよね

だからこそ、工作に使う場合はアイディアが必要になります

ただ組み合わせるだけの工作キットのようなものを使うのではなく、
アイディアがなければ完成しないダンボールを使うことで、
子どもの創造力が養われます

今はネットで検索すると、
ダンボールで作られた様々な作品を見ることができます

子どもと一緒に作品を見て何を作るか考え、
完成させるためのヒントを与えてサポートをしてあげましょう

子どもが真剣に創意工夫をして
ものづくりをしてくれると嬉しいですよね

この冬は、ダンボールを自由工作の材料に
使ってみてはいかがでしょうか
0

海外で暮らす友人に荷物を送るときに使うダンボール  ダンボール

先日、アメリカ在住の友人に荷物を送る機会がありました

日本食が恋しいだろうと思い、
レトルトカレーやフリーズドライのお味噌汁など
簡易的な食品をダンボールに詰めて送ったのです

私の荷物は問題なくアメリカの友人宅に届きましたが、
国際郵便は何かと気をつけなければいけないことがあるようです

興味が湧いたので調べてみると、
1つびっくりしたことがありました

なんと、国によっては
お肉・野菜などの生鮮食品や家電製品が入っていた
ダンボールを使って荷物を送ることは禁止されているんですって

ダンボールに生鮮食品や家電製品の印があると、
送り先の国で規制している輸入品とみなされて
荷物を受け付けてもらえないんだそうです

中身をレトルトの日本食や衣類などにしていても、
生鮮食品や家電製品が入っていたダンボールを使用するのは
アウトなんだとか

ダンボール箱に書いてある文字によって判断されてしまうのですね

確かに密輸の可能性もありますし、
輸入規制を行っている国が厳重にチェックするのも頷けます

こちらとしても、わざわざ疑われるような
ダンボールを使う必要はないですよね

ダンボールは海外に荷物を送るときにも活躍しますが、
何の空き箱かきちんと確認しておくのが良さそうです
0

豪雪地帯の意外なダンボール活用方法  ダンボール

北海道に住んでいる友人から、
豪雪地帯での面白いダンボール活用方法を教えてもらいました

それは、「ソリ」

ダンボールで「ソリ」と聞けば、
雪が積もった小高い丘をソリで滑って遊ぶのをイメージしました

もちろん遊びに使うこともあるようですが、
もっと日常的にダンボールソリが活躍するんだとか

なんと小さな子どもがいる家では、
ダンボールソリに子どもを乗せて雪道を引っ張り、
買い物に行くんだそうです

ソリが移動手段なんて、とてもユニークですよね

毎年かなりの雪が積もる北海道では、
子どもを連れて雪道を歩いてスーパーに行くだけでも大変そうです

ソリに子どもを乗せて引っ張れば、
歩かせるよりもスムーズですし、
子どもも楽しめて一石二鳥ですね

ダンボールソリはとても簡単に作れます

用意するものは米袋と、米袋より1回りくらい小さいダンボール、
そしてビニール紐とガムテープ

米袋にダンボールを入れて、輪っかにしたビニール紐を
ガムテープで米袋にしっかりと固定するだけで完成です

座る面に壊れ物を包むプチプチを敷くと、
お尻が痛くならずに座っていられます

米袋は2枚、3枚と重ねることで強度が増すので、
すぐに破けそうだと思ったら重ねてくださいね

豪雪地帯ならではのダンボールソリ活用方法、
機会があったら挑戦したいものです
0

ダンボールにはムダがない!?実はかなりのエコ素材!  ダンボール

通販サイトを使うと、大体の商品はダンボールに入って送られてきます

たまに、この商品にこの大きさのダンボールは要らないだろう
と思うこともありますよね

通販サイトの利用が増えたことで、
膨大な量のダンボールが毎日使われているはずです

ダンボールは紙でできているから原料は木だし、
たくさん使うと資源のムダになるような気がしますが、
実はダンボールはかなりエコな素材なんです

まず、ダンボールを作るときに原料となる木には、
細かったり曲がったりして価値がないと判断されたものも使われています

商品になるような立派な木ではないものも原料として使えば、
ムダになりませんよね

さらに、ダンボールはリサイクルされるのでとてもエコです

ダンボールを使ったあとに分別して古紙回収に出すと、
その使用済みダンボールを使ってまた新しいダンボールが作られるのです

ダンボールのリサイクル率は95%以上といわれていて、
使ってもゴミになることなく、新しいダンボールに生まれ変わることができます

通販サイトの梱包資材が紙封筒だと、
ただのゴミとして捨てられてリサイクルになりませんから、
資源を循環させることなく使い続けることになるのです

そう考えると、ダンボールはとてもエコですよね

エコなダンボールを使って、資源を大切にしましょうね
0

本の収納はダンボールにおまかせ!  ダンボール

最近は本屋さんに足を運ばなくても、
amazonや楽天など通販サイトで好きな本が買えます

しかし、通販サイトで本ばかり買っていると、
本とダンボールが増え続けて収納スペースがなくなってきます

それなら、増え続けるダンボールを本棚に変えてしまえば、
お金をかけずに収納スペースを増やすことができますよね


冊数にもよりますが、本を梱包しているダンボールは底が浅いものが多いため、
本棚に利用する場合はフラップ(フタになる部分)も切り落とさずに使いましょう

フラップをガムテープで繋げるだけで、
本がスッポリ入る棚に早変わりです

文庫本や新書を入れるなら縦を短辺に、
雑誌を入れるなら縦を長辺にすれば、
どんな種類の本にも対応できます


他にも余っているダンボールがあるなら、
外側に数枚重ねて貼り付ければ強度が上がります

本は意外と重いので、本棚の強度を上げておくと
棚が壊れる心配がありません

強度を上げておけば、同じ大きさのダンボール本棚を
数個重ねて置くこともできます

何個も重ねて置けばかさばらず、省スペースになりますね


マスキングテープやシールを使ったり、
上から布を被せたりすれば、
あっと言う間に自分好みのおしゃれ本棚に早変わりしますよ

増えるダンボールを再利用して、
あなただけのオリジナル本棚を作ってみませんか
0

キャットタワーにもなるダンボール  ダンボール

ダンボールって本当に何にでも変身することができるんですよね

最近発見したダンボールグッズが、キャットタワー

友人の家に行ったときに、猫が登って遊べるキャットタワーがあったのですが、
引っ越しで大量に出たダンボールを使って、自分で作ったんだとか

箱状にしたダンボールに大きめの穴をあけて貫通させて、
猫が入ったり顔を出したりできるように工夫したり

適度な大きさに切ったダンボールを重ねて丈夫にして、
猫の通り道を作ってあげたり

ダンボールとガムテープだけでも、工夫次第で猫ちゃんが喜ぶ
遊べるタワーに変身できるんですよ

箱をたくさん重ねることで、いくらでも高くすることができますし、
新しいダンボールが貯まってきたら、タワーをリニューアルして
汚れが目立たないように交換することもできますね

また、ダンボールの波打っている面を並べてタワーの柱を作っておけば、
良い爪とぎになるため、わざわざ爪とぎグッズを買う必要がありません

部屋の壁で爪をとがれて困っている方にもおすすめです
ボロボロになったらまた簡単に作れますしね

それなりにお金のかかるキャットタワーを、
持っているダンボールで作れるとなると
経済的だし、無駄がありませんよね

貯まってしまったダンボールの有効活用として、
猫ちゃんを喜ばせてあげるのはどうでしょうか
0

ダンボールを使ってリッチなキャンプを楽しもう!  ダンボール

朝、夕の風が心地よくなってきたら
そろそろキャンプを
楽しめる季節でしょうか。

クマが出没!というような
危険のない安全なキャンプ場で
仲間や家族と自然をエンジョイできるのが魅力です。

毎年、キャンプを企画してくれる友人がいます。

魚のつかみ取り
キャンプファイヤー、花火大会などなど
ワクワクするようなイベントを用意し
素敵な想い出となっています。

都会とは違って
ネオンなどありませんから
夜空にはきらめく星がいっぱい!

まさに、天然のプラネタリウムですね。

今ではキャンプと言っても
ロッジはもちろんのこと
ダンボール製のテントなどを
用意しいるところがあるようです。

せっかくキャンプにいくのですから
やはり、環境に優しい時間を
気の合う仲間とすごしたいもの。

ダンボールはその点
かなり役に立ってくれる優れものです。

ダンボール燻製器で
ベーコンなどの料理も
けっこう簡単に作れます。

また、テントシートの下に敷くことで
地面の冷たさやゴツゴツ感をシャットアウト!
ある程度のクッション性がありますから
とても快適な寝心地です。

海外ではフェス前のお休みどころとして
ダンボールテントが大活躍。
太陽の光を遮って
ぐっすり眠ることが出来ると聞きました。

ダンボールなら
後片付けも、持ち運びもお手軽なので
いろいろ活用できそうです。


0

ダンボールで消極的な社会貢献  ダンボール

何となく苦手意識がありました

本当に困っている方の役に直接たっているのか、
不安になりついついできずに終わってしまいます
そういったことで、募金や寄付は苦手だったんです

だから、自宅にダンボールが届いてからも
少々悩みました

「古着deワクチン」は、古着処分のサービスのひとつです
テレビなどで紹介されたこともあるので、
ご存知の方もいるかもしれません

子供の衣料は5p10p刻みで大きくなり、
着れなくなったものは全部あげれるわけではありません
よほどのトップブランドでないと、買取も厳しいのが現状です

となると、「衣類布類」でゴミにするしかないですよね

ゴミになるぐらいなら…面倒な手続きもいらないし…
ポリオワクチンが途上国で少しでもいきわたるなら…
古着を通して現地で働ける人が増えるなら…
その収益でまたワクチンが買えるなら…

すごく消極的な社会貢献かもしれません
きっかけはそんな立派なものでもありません
「施す」わけではなく、ビジネスとしてやってくれているのがいいのかも

何となく気分も軽く、まだまだ再利用できる衣類や靴を
よりわけてダンボールに詰めました
かなりの量をダンボールに入れることができます

残念ながら、このサービスは間もなく終了してしまうそうです
他にもあればいいのですが…
0

ダンボールのチェキがステキ  ダンボール

友人の子供(7歳女児)が誕生日に欲しいもの…
「チェキ」のフィルムだそうです

チェキって、まだあったの?
そして、流行ってるの?
何だか心配になりましたが、流行ってるみたいです

友人が持っていたチェキをそのまま使えるらしい

フィルムだけ?そんなのでいいの?
なんて思ったら、今はすごいんです
フィルムとキャラクターがコラボしてます
フィルムの端にとてもかわいいデコがされています

昔のまま、またはそれ以上に進化して再び流行するんですね

チェキだけでなく、「写ルンです」も流行っているのは、
フィルムで撮影する醍醐味が見直されている、みたい

デジタル撮影の鮮明感もいいですが、
フィルム撮影の何となくロマンある感じがいいのでしょうか

そんな中、クラウドファンディングで一躍有名になったのが
「jollylook」というインスタントカメラ

ダンボールでできているんだよー!
というのが嘘に聞こえるぐらいレトロな味わいです

チェキのフィルムで撮影可能
電源だっていらないからいつでも撮影したい時にできる

当然、ダンボール製なのでとても軽い
かばんに入れて持ち運びもしやすいですね

ダンボールで、レトロで、汎用性もある
ダンボールチェキが製品化される日が近いそうです、楽しみ!
0




AutoPage最新お知らせ