どのくらいかかるか  

昨日聞いた話ですが、
ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドに組み入れられている公益株とは、電力、ガス、水道など社会生活に不可欠な公共サービスを提供する公益企業の株式のことを指します。公益株は一般的に、他の株式に比べて好景気時には株価が上がりにくいかわりに不景気時にも株価が下がりにくいという特徴をもちます。
公益株とは、電気、水道、ガスなどの公共サービスを提供する企業の株式のことを指します。公益企業は我々の社会生活に不可欠なサービスを提供しているために倒産の危険性が少なく、公益株の株価は比較的安定しているという特徴を持っています。ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは、これら公共性の高い企業の株式に投資しています。マザーズ指数とは、新興株式市場であるマザーズ市場の成長・拡大とともにマザーズ市場全体の値動きを表す指標に対するニーズが高まったことを受けて、2003年9月より東証(東京証券取引所)が導入した指数であり、マザーズに上場している株式を対象とした時価総額加重型の株価指数です。投資信託の手数料には、「購入する時の手数料」「保有している間の手数料」「解約するときの手数料」という3つの手数料があります。投資信託の運用は、いるので、保有しているときにも手数料がかかります。これを信託報酬といいます。信託報酬は、運用している間にかかる手数料なので、販売手数料とことなり、長期でどのくらいかかるかを検討することが必要になります。しかし、リターンが高いものは、運用も難しいし手間がかかるので、信託報酬は高めとなっています。できるだけ低い手数料としたいところですが、比較するときには、信託報酬だけをみるのではなく、過去の実績やリスクの高さなど、さまざなま検討が必要となります。
投資信託の手数料には、「購入する時の手数料」「保有している間の手数料」「解約するときの手数料」という3つの手数料があります。解約するときには、「信託財産保留金」という手数料がかかります。投資信託は、多くのお金を複数の投資家から集めて運用しています。しかし、途中で解約するということは、そのお金をつくるために、株や債権を売る必要があります。このときに売却費用がかかりますが、これを解約する投資家、解約しない投資家にも公平いろいろな利用の仕方があるんですね。
0

高まったことを受けて  

よく聞く話ですが、どうでしょう?
ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは公益株の中でも高配当利回りの企業を選別して投資しており、現時点では毎月安定した分配金が支払われています。さらに3月、6月、9月、12月には基準価額の水準等を勘案し分配金が多く支払われています。ちなみに2006年の分配実績は1万口あたり年間で2140円です。
ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドでは、欧米の公益株を中心に高配当の銘柄を選び出し、ボトムアップ方式により業績を分析してポートフォリオを構築しています。毎月の分配金は1万口あたり月30円で、さらに3月、6月、9月、12月にはボーナス分配が上乗せされています。マザーズ指数とは、新興株式市場であるマザーズ市場の成長・拡大とともにマザーズ市場全体の値動きを表す指標に対するニーズが高まったことを受けて、2003年9月より東証(東京証券取引所)が導入した指数であり、マザーズに上場している株式を対象とした時価総額加重型の株価指数です。いろいろな利用の仕方があるんですね。マザーズ指数とは、新興株式市場であるマザーズ市場の成長・拡大とともにマザーズ市場全体の値動きを表す指標に対するニーズが高まったことを受けて、2003年9月より東証(東京証券取引所)が導入した指数であり、マザーズに上場している株式を対象とした時価総額加重型の株価指数です。何だかよくか理解できないよね?どうかな?
0




AutoPage最新お知らせ