ハイジニーナ脱毛とvio脱毛

2013/2/20 | 投稿者: ハイジニーナ脱毛

ハイジニーナの脱毛でvラインは出来てもIラインなど粘膜の近くの部位をすることは推奨されていません。

ゾーンは非常にデリケートな部位。お肌の荒れが出やすく、炎症や色素沈着も起きやすい部位なのです。肌荒れ以外にも値段や手間など、比較したいポイントはいろいろとありますよね。ここではどんな脱毛方法があるのか、それぞれのメリット&デメリットに注目していくことにしましょう。

ハイジニーナとはアンダーヘアの処理をしている女性の総称。清潔、衛生、衛生学を意味するhygiene(ハイジーン)という言葉からきており、日本ではVIOラインの脱毛と同じ意味に当たる。またアンダーヘア全てを処理することをブラジリアン・スタイルと呼ぶ。
ビキニライン脱毛との違い
デリケートな部分なので自己処理でお肌を痛めてしまうよりは、技術のあるスタッフのいるクリニックかエステでしてもらうほうが安全ですね。

女性なら誰しも身に覚えがあると思うのですが、生理中のあの部分は結構えげつないことになっていますよね?!普段でもおりものがあったりなどするため雑菌が繁殖しやすくなり、匂いやかゆみなどのトラブルがつきまといます。ハイジニーナの脱毛はそれにもいいですよ。
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ