2010/7/29 | 投稿者: dcghn954

私は、この本のあたりを続けて行くことができました。それは大きいです。

母の日に、私は私の師レスリーによって巨乳と爆乳のおっぱい教えられる呼吸と脊柱についてワークショップで朝を過ごしました。

私は障害を我々の基礎的なバランスへ移すことについて聞かされることを女性のエネルギーに対するぴったりの賛辞と考えました。

そして、それはまさしく巨乳と爆乳のおっぱい陰女性的な旅行です押すか、優しさ、自己反省と、育てること以外で、過度に努力することのうちのつでない。

これは私の側が私が最初にニューヨーク市ででレスリーと勉強し始めたのために抵抗した何かです、私はのより深い実行に興味がありませんでした。

私は、ちょうど何がヨガにおいて呼吸する巨乳と爆乳のおっぱい最適方法であったかわかっていたかったです。

でない腹からでどの鼻、口、腹または胸を通してそして、方法熟練のインストラクターがそうする、彼は決定的に彼らに答えることなく私に私の質問を正に返すことにここ数月を費やしました。

0




AutoPage最新お知らせ