相性診断  恋愛

相性診断無料に関しての情報です。

無料で相性診断ができるホームページを探している方にはお勧めです。

性格診断にも色々あります。
心理学的に分析するものや、霊的なもの、星座や血液型のような統計で性格診断をするものまであります。
この性格診断は、神経伝達物質のバランスから、その人の元々持っている性格を診断するものです。

神経伝達物質とは神経と神経の間で情報を伝達する物質で、確認されているだけでも多くの物質があります。
脳内も神経同士が情報伝達するために神経伝達物質が使われており、それは、人の心に影響を与えているといわれています。

脳内神経伝達物質は、環境で変わる事もありますが、先天的なものが大きいそうです。
性格の傾向がなかなか変えにくいのも、神経細胞の種類や数の差があるからかもしれません。

性格に影響する神経伝達物質で有名なのが、ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンです。
この性格相性診断でもその三つのバランスで性格を診断しています。
但し、性格や人格を形成するのはその3つだけではない事は念頭に置いておくべきです。

興味が出てきた方は見てください!
0

うつ病を克服  メンタル

私これです。うつ病を克服する方法です。

うつ病を克服するための解説をしているサイトです。
そうしたら、ばったり見つけました。

うつ病の克服方法です。

うつ病は気分障害という障害に含まれます。
現在、気分障害に効く万能薬はありません。
うつ病に関しても完全にうつ病を治す薬というものはないそうです。
症状を軽減するものだそうです。

うつ病は治る病気です。もちろん治療には時間と労力がかかります。
克服には様々なアプローチが必要です。
うつ病克服に一番大切なのは、自分や状況に真摯に向き合う事ではないでしょうか。

うつ病の克服には、薬による症状緩和と、精神療法が必要だそうです。
うつ病になる原因は、心身のストレスである事がほとんどです。
薬以外の方法でそのストレスの元を改善しなければ、薬や休養で回復しても再発する可能性が高くなります。



ちょっと紹介してみたくなったので書いてみました。
0

性格改善方法  メンタル

今日のキーワードは性格改善方法です。

自分の感じ方は重要です。
そして、本人はそれがなぜ湧き出ているのかに目が行かないものです。
性格を改善するには、その感情の根源を突き詰め、その感情と向き合う必要があります。

性格というものはすぐに変えることが難しいものです。
徐々に自分と向き合い、色々な価値観をもって変化させていかなければなりません。
また、柔軟な捉え方も必要です。

性格の改善には、自分を知ることが不可欠だと思います。
そのためには、自分の感情がどのようなものか、なぜそう感じるのかを考える必要があります。
時には他者の意見も取り入れるといいかもしれません。

性格の傾向には良い面と悪い面が必ずあります。
悪い面にばかり目を向けないで、良い面にも目を向ける事も大切です。
自分が改善しようとしている性格は、他の面ではいいところなのかもしれません。

ちょっと紹介してみたくなったので書いてみました。
0

性格と考え方  

性格と考え方についての記事です。

重要なのは、個人が持つ考え方というのは、本人が知らないうちに身につけているということを意識しなければなりません。
例えば、自分には価値が無いなどのネガティブな考え方は、自己防衛をするために植えつけられた考え方の場合がほとんどです。
本人はそれが自分の人格・性格だと思い込んでいますが、本当は違うのです。

性格は考え方が作り出すものです。
考え方はほとんどが経験から導き出されたその人のクセです。
悩みを持っている人は、まず自分の性格や環境を攻める前に、自分の考え方が植えつけられたものではないのかを考えると、見え方が変わってくると思います。

人それぞれ考え方には偏りがあります。
むしろ偏りが無い方の方が悩みを多く抱えるのではないでしょうか。
優柔不断だったり、何が正しいか判断できないのは、考え方に偏りが無いせいかもしれません。

自分の考え方が身に付いた原因は自分では気付きにくいものです。
物事に対して自分が感じていることや、捉え方をもっと根本的な部分から考えると、自分の考え方が客観的に見えてくるはずです。


性格と考え方でした。
0
タグ: 性格 考え方

うつチェック  メンタル

うつ病チェックに関しての情報です。

うつ病チェックを探している方にはお勧めです。

無料でうつ病チェックが出来るサイトです。
病院でも使われる基準を元に作っているそうなので、本格的なうつ病チェックです。
うつ病の種類にも対応しています。

うつ病は、心の風邪とも言われ、人によっては、かかっていても気付かないでいる場合もあるそうです。
他の病気と同様に、早期の発見と対処が必要な病気です。
やる気が出ないなどの症状が慢性化すると、その常態からなかなか抜け出せなくなります。

うつ病の診断基準には、アメリカ精神医学会や世界保健機関の基準が用いられる事が多いのですが、完全な統一化はされていません。
内容的には大きな差はありませんが、診断時に自分の偏った評価や、医師の主観が入る場合もあるので注意が必要です。
また、世間からは脳の病気だという正しい認識をされないこともあるのが残念なところです。

抗うつ薬は種類によって、効く人と効かない人がいます。
これは、脳の神経伝達物質に個人差があるためです。
また、薬と併用して心理カウンセリングを行なうと効果が高いといわれています。

興味が出てきた方は見てください!
0




AutoPage最新お知らせ