イギリスは日本と同じ  

EUの中でユーロを採用していないイギリスの通貨「英ポンド(GBP)」についての紹介
第二次世界大戦以前には基軸通貨だった「英ポンド」ですが、現在の基軸通貨の米ドルとは異なる値動きをします。また、他の貨幣に比べ、金利が高く、変動幅が大きいことなども特徴のひとつと言えます。
その理由として、日本やアメリカなどとは異なり、貿易に対する依存度が少なく、金融や不動産などの第3次産業が盛んなこと、主要通貨のなかでは流動性が比較的少ないこと、取引の参加者がイギリス中心に限られている割に、投機的な大口取引が多いこと、などがあると言われています。
貿易に関しては、イギリスは日本と同じく加工貿易が主体となっていますが、北海油田を保有していることから、原油輸出国でもあります。

君を守ってみせる
僕を信じて
笑え 君のために
世界が明日
終わろうとも
必ず幸せにしよう
だから僕に
0

アメリカに融資をすることになる  

しかし、ここで重要なのは、流入される多額の資金の多くは「米ドル」だということです。これは、アメリカが米ドルで借金を抱え、各国(特に日本)の投資家が米ドルを保有していることになります。
この為、米ドルが安くなると、アメリカは借金が目減りし、米ドルを保有している投資家の資産も目減りしてしまいます。その結果、自国の資産を守る為には、米ドルが値下がりしないように、更にアメリカに融資をすることになるのです。
●ユーロへの移行
EUで採用されている統一通貨のユーロも、米ドルと同じく世界の基軸通貨です。
アメリカの赤字拡大もあり、発足時より、米ドルに変わる世界基軸通貨になるとの期待から、年々「ドル建て」から「ユーロ建て」に通貨の比重が変わってきました。
ファミマ 銀聯カード決済開始 - シリアまた自爆テロ 25人死亡
マツダCX-5 ディーゼル復権へ - 米政権、昨年また新型核実験
サイン騒動 オダギリ直接謝罪 - 小田急〜町田・読売ランド前
ハンガリー格下げ 投機的水準 - 色のもたらす効果とは
プリプリが16年ぶり再結成 - 親子の絆
三宅裕司が5か月ぶり仕事復帰 - 集中力を高める
ビール出荷 7年連続最低更新 - 瞑想の効果
上戸&HIRO事務所が結婚否定 - 職業・キャリア式
井上真央、紅組勝利に号泣 - 通勤時のNY地下鉄車内で出産
ぐるナイ特番 2週連続20%超え - アットローン・借り方のコツ
0




AutoPage最新お知らせ