2013/2/19 | 投稿者: 太陽光発電

「太陽光発電はやってみたいだけど・・・・」と躊躇する人もいる事は確かです。まず太陽光発電システムの導入を考えている方は業者での価格の比較をすることを忘れないようにしてください。そしてデメリットも知っておかなければなりません。太陽光発電の導入において大きなデメリットとして「設置費用が高すぎる」「風雨で故障しやすく寿命が短い」「いまだ完全なシステム開発できていない」「蓄電ができない」あらあら、これはデメリットだらけですね、たしかに太陽光発電システムの中には蓄電が出来る商品もあるのですが一般的に考えればそのようなシステムがなく、システムの発展途上な部分がデメリットになってるのです。太陽光が電気になったその電気の使い道、蓄電機能の確立がまだ出来ないのです。また、日本には台風やゲリラ豪雨などが多い国です。はっきり言えば水に弱く働きが衰えやすい商品では永年使えないです。「修理費がかさんでしまうのではないか?」と不安を抱いてしまいます。一番消費者にダメージが大きいのは「太陽光発電自体がいまだ発展途上である」事実、太陽光の恩恵を受けようとするにはこのようなデメリットをよく考えおきましょう。
0

2013/2/13 | 投稿者: 太陽光発電

電気代を太陽光発電で賄うつもりが大きな諍いの元凶になりかねません。まず「何故太陽光発電の装置の設置が必要なのか」この事を考えてほしいです、設置することで家の風格が下がったなど「家族からの不満、文句を言われる」これもデメリットの一つです。風格を持ち一軒家では「どうして家族に何も言わず決めるんだ!」と怒ってしまう方もいるでしょう。それなりに理由があるのです。太陽の動きで春夏秋冬太陽が照る方角も違えば天気によって発電量も違って来ます。「天気により発電量にむらがある」天気が主原因だったり「突然、近くで高層マンション建設が始まり明るいバルコニーが影になり太陽光発電装置を無駄にした」思っても居ないハプニングでたいへんですね。なんとパネルの突ける位置にも決まりがあるようです「南以外の方角にパネル設置の許可が下りない」などトホホな実情です。「頼り過ぎる杖は折れる」こんな諺通り、思っていた以上に太陽光発電は期待できないのかもしれません。
0




AutoPage最新お知らせ