2012/6/15

震災を風化させないために!  

6/3(日)「東日本大震災復興支援 北秋津小学校夏祭り」に参加させていただきました。私が、仲間と一緒に石巻河北に訪れた時知り合った、ボランティア仲間の芳澤さんのお手伝いです。芳澤さんは、石巻の仮設住宅に住む奥さんたちの手作りのミサンガ、箸入れ等をチャリティで販売されていました。1年たった今も、被災地支援のために、子どもたちの親御さん・学校・地域の皆さまが連携して活動されているのを見て感動しました。

クリックすると元のサイズで表示します
佐藤信一さんの写真展コーナー
クリックすると元のサイズで表示します
石巻の仮設住宅の奥さんたちが作った「箸入れ」
クリックすると元のサイズで表示します
同じく、切れない絆の「ミサンガ」
クリックすると元のサイズで表示します
藤本所沢市長もミサンガを購入頂きました!
クリックすると元のサイズで表示します
「青い大地に夢は始まる」を会場の全員で大合唱!


震災を風化させないために、みんなで歌おう!


「青い大地に夢は始まる」
作詞・作曲 あんべ 光俊


凍てつく冬も  身を焦がす夏にも
決して枯れない  泉を知っている
時を越えて守り繋ぐ  やさしい東北の心
鳥よ森よ風に歌え  いつでもともにいるよ

眼を留めればツメクサの花  可憐に咲いている
この胸に灯をともすように  青い大地に足を踏み出せば
いまそこに道は始まる

雪が解けしずくとなって  やがて大河は海へと注ぐ
一歩一歩進めば良いさ  まさしき夢を目指して
鳥よ森よ風に歌え  熱い息吹のままに

駆け出せば雲の切れ間に  光が降り注ぐ
この体ひとつで  青い大地に足を踏み出せば
いまそこに道は始まる






0

2012/5/29

被災地復興の道のりは未だ遠い!(被災地応援バスツアー)  

5/26-27、「被災地応援バスツアー」で石巻〜南三陸町〜気仙沼〜陸前高田に行きました。
今回の計画は、南三陸町の仮設住宅に支援物資を届けたい、被災地の仮設商店街に買い物支援をしたい、被災地を直接見てもらい支援の輪を広げたい、との想いからお手伝いさせていただきました。
実感は「復興の道のりは未だ遠い!」一言です。

クリックすると元のサイズで表示します
大川小学校での慰霊

クリックすると元のサイズで表示します
南三陸町防災対策庁舎での慰霊

クリックすると元のサイズで表示します
戸倉小学校

クリックすると元のサイズで表示します
気仙沼「共徳丸」

クリックすると元のサイズで表示します
陸前高田の「奇跡の一本松」

クリックすると元のサイズで表示します
南三陸町歌津の朝

クリックすると元のサイズで表示します
歌津の海に沈む夕日
3

2012/5/10

除染講習(実技)を受けてきました!これで、学科+実技が終了です!  

社団法人中央労働基準協会主催の「除染等業務にかかる特別教育(学科・実技)」の講習を受けてきました。前回、環境省主催の学科講習を受けていましたので、今回は実技のみの受講となり、午後3時25分から午後5時までの受講となりました。今回の講習は、学科+実技が1日(通常2日)と言う短時間で受講できる、受講者には優しい、便利な講習です。しかし、受講者には優しい、便利な講習は、学科+実技講習の値段は7,000円と厳しいものでした。環境省の学科講習は丸一日でしたが無料、社団法人中央労働基準協会主催の学科+実技講習は1日で7,000円? 何かスッキリしません。環境省は役所、基準協会は社団法人、なるほど・・・・、「天下り団体」の営利事業になっているのですね。これで、納得!福島第一原発事故は、天下り団体の「新しい収益の事業」になっているのですね。内容は、1日と言う時間制約もあるために、参加者一人ひとりがしっかりと機具を取り扱う事はできませんでした。「代表者が行う実技を見て学ぶ」というものでした。参加者のほとんどが除染事業を狙う「建設関係の人」でした。とにかく、1日で受講終了証をもらえば良い、そんな風に見受けられました。「除染がビジネスになる」と言う「悲しい時代が来た」ことを感ぜずにはいられませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

環境省の学科受講終了証と基準協会の実技終了カード、そして3000円を払った講習会でもらった使い捨てマスク。
0

2012/5/8

5/26-27被災地応援ツアーに出かけます!  

復興に向けて歩き出した南三陸町に、「復興応援ツアーバス飯能号」が出発します!
@より多くの方に、被災地を見てもらいたい、そして何かを感じてもらいたい
A被災地の仮設住宅に住む方に支援物資を届けたい
B被災地の商業に貢献したい
との想いを乗せて行って来ます!


クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/5/6

調布市の渡部さんの震災チャリティバザーのお手伝い!  

今日は、調布市にある京王フローラルガーデンアンジェでの「震災復興支援チャリティバザー」のお手伝いです。今回の企画は、調布で支援活動を続けている渡部さんの「東日本大震災サポートグループ」のものです。出来るだけ多くの方にとフローラルガーデンの入口広場とガーデン内の2カ所に、売店を設営しました。午前10時開店、天候にも恵まれ「良い日」になると期待してのスタートでしたが、午後になると天候が急変、雷雨・強風の攻撃にやむなく店じまいとなりました。天候には恵まれませんでしたが、被災地の復興を想う仲間が集まり、支援活動を続けていることが嬉しい1日でもありました。

クリックすると元のサイズで表示します
ガーデン入り口の売店。南三陸産のわかめの試食も展開。
クリックすると元のサイズで表示します
ガーデン内のもう一つの売店。こちらが私が担当したブースです。
余り、役には立てなかったなあ〜と反省。
渡部さん、野村さん、加藤さん、石川さんそれからアルバイト前の時間にお手伝いいただいた女の子お疲れ様でした。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ