日本テレビ そして、誰もいなくなった

2016/11/1 

社会問題になりつつあるネット上の画像データなどの拡散問題。【そして誰もいなくなった最終回】大手コンピュータシステム会社「株式会社L.E.D」に勤める研究者の藤堂新一は、それらデータをすべて消去することができる画期的なソフト「ミス?イレイズ」を開発し、一躍脚光を浴びた。容姿端麗、頭脳明晰、家族や友人、恋人にも恵まれ順風満帆の生活を送る藤堂新一。ところが結婚を間近に控えたある日、突然会社から「お前は『藤堂新一』を名乗って潜り込んだ偽物ではないか?」と、あらぬ疑いをかけられ、婦女暴行事件で逮捕された同姓同名の男に自分の名前と人生を丸ごと乗っ取られてしまう。

ijh8uh


藤原竜也-本作主人公。【そして誰もいなくなったネタバレ】大手コンピュータシステム会社「株式会社L.E.D」のシステム開発研究員。仕事も順調で友人や恋人にも恵まれ、順風満帆な人生を送っていた。しかし、「Miss.Erase(ミス?イレイズ)」というソフトを開発した後、藤堂新一という同姓同名の男が逮捕されたことをきっかけに人生が崩壊していく。幼いころに父を亡くし、母?万紀子に女手一つで育てられた。出身は東京だが、センター試験の日に熱を出し、東大に行く点数が足りずに新潟の大学へ進学した。

大学卒業後の進路については「就職」を考慮していたが、卒業直前に大学院への進学に変更し、その後再び「就職」を選んだ。斉藤の死後、何者かによって「白い部屋」に軟禁され、その部屋に置かれていたスピーカーに流れる音声から、信頼していた上司や同僚等の「嘘」と「裏切り」を知って絶望する。その後、自身を軟禁した人物からとあるビルの屋上に誘導され、「その場で私に撃たれるか、自ら飛び降りるかを選べ」と迫られる。両方の選択肢を拒否した新一は、自分と同じくパーソナル?ナンバーを持たない瑛治、君家、馬場と共に、第三の選択肢として提示された「世界を孤独にする」為の計画に半ば強引に参加させられ、自分を裏切った者達への「復讐」を開始する。「復讐」の手始めとして、万紀子達の携帯に「Miss.Erase(ミス?イレイズ)」をデータ削除ウイルスとして組み込んだメールを送り、更に、人体に無害で電気系統の機器にのみ作用する「停電爆弾」とドローンを利用し、国が管理している個人情報やパーソナル?ナンバーに関するデータを「Miss.Erase(ミス?イレイズ)」で消去するための計画に着手する。しかし瑛治の裏切りにより計画は破綻、鬼塚ら警察に追われるが小山内に助けられ彼からボイスレコーダーを受け取る【そして誰もいなくなった感想】。

jjjj


瑛治や砂央里の安否を確かめるべく瑛治の部屋へ行き、そこで母万紀子から一連の事件の話を聞き、万紀子の実家へ向かう。そこで瑛治が自分に復讐を企てていたことを知り、瑛治に自分を殺せと言われたがそれには応じず瑛治と万紀子の最期を看取ることとなる。その後警察の取り調べを受けたのち解放され、早苗と再会した。
0
タグ: 日本テレビ

マザー・ゲーム ~彼女たちの階級~ DVD キャスト・あらすじ・ネタバレ・感想

2015/11/5 
幼稚園を舞台にした母親たちのドラマ、と聞いて思い浮かぶのは…ママカースト、ママ友いじめ、お受験トラブルといったネガティブな言葉ではないだろうか。確かに幼稚園のママの世界は小さくて濃密で、独特な世界というイメージだが、それが「名門幼稚園」と呼ばれる教育熱心な母親が集まる幼稚園ならなおさらだ。だが、その中には裕福で地位もステイタスもあるが故に、実は仮面を被って“母親”という役割をまっとうするため、必死にもがいている女性たちがいるのだ。

マザー・ゲーム ~彼女たちの階級~ DVD 

そこに、ひょんなことからその幼稚園に入園することになった貧乏なシングルマザーの主人公・蒲原希子。希子は、セレブ幼稚園の内実に驚きながらも、自分を敵対視する母親たちにストレートに自分の思いをぶつけ、凝り固まった母親たちの考えを変えていく。物語では、別世界に飛び込んでいく希子をハラハラしながらも見守る家族の絆も描き、コミカルな中にもあたたかい涙が流れるようなエッセンスもプラス。その中で、希子は持ち前のパワフルさと快活さ、そして人情深さで、全く別の世界に生きる世代の違う母親たちと新しい絆をつくっていく──マザー・ゲーム ~彼女たちの階級~ DVD

バツイチ・シングルマザー・低所得という名門幼稚園に似つかわしくないヒロイン・蒲原希子役を演じるのは木村文乃。木村は本作が連続ドラマ初主演となる。

そして、裕福なセレブママ役には、長谷川京子、貫地谷しほり、安達祐実、そして檀れいなど錚々たる女優陣が顔を揃える。

このドラマは、「子育てをする母親たち」を描くだけではなく「現代を生きる女たちの友情」の物語であり、異文化に飛びこんで行く「ヒロインの成長・冒険」の物語だ。きっと視聴者の方々も、希子とともにセレブ幼稚園の内実に驚きながらも、逆境に立ち向かうヒロインを応援し、“女の友情と成長”いう普遍的なテーマを描く物語に共感していただけることだろう。明日へのエネルギーがチャージされるような、見ていてスカッとする痛快なヒューマンドラマをお届けするマザー・ゲーム ~彼女たちの階級~

0



AutoPage最新お知らせ