2009/8/11

ひき肉のうまみを活用  電子レンジ レシピ

電子レンジは、豆腐料理の強い味方です。短時間で加熱することからスが入りにくいのです。ひき肉を豆腐にのせていっしょに電子レンジをかけることで、肉のうまみが豆腐に染み渡りやすくなります。お皿ごと調理してしまうから、盛りだすときに崩れてしまう心配も無用! 口当たりがいいので、食欲がないときやお年寄り、お子さんにも喜ばれます。

★ポイント!
蒸し物のときはラップをかけることで水蒸気が飛ばないようにします。ラップが落し蓋代わりになって味がよくしみこむ効果もあります。
豆腐の大きさによって加熱時間を調節します。最初は少なめにし、足りないようならあとで追加するようにしましょう。

豆腐とひき肉の重ね蒸し

◆材料(4人分)
・豆腐・・・2丁
・豚ひき肉・・・150g
・長ネギ・・・1/2本
・生しいたけ・・・中2枚
・塩・・・小さじ1/2
・しょうゆ・・・小さじ1
・片栗粉・・・小さじ1
・マスタード・・・適宜

◆つくり方
1.豆腐は布巾に包んでざるにのせ、水気を切っておきます。
★コツ!
豆腐はよく水切りしておくことが大切! 

2.ボールに豚ひき肉、長ネギのみじん切り、生しいたけのみじん切りを入れ、水大さじ2と塩、しょうゆ、片栗粉を加えて、粘りが出るまでよく混ぜ合わせます。

3.1の豆腐を半分に切り、4きれを平らなお皿に並べます。

4.2のひき肉を4等分して、3の豆腐の上に平らに盛ります。

5.ラップで覆い、電子レンジで5~6分加熱します。

熱々をいただきます! お好みでひき肉にマスタードをのせます。ごま油とおしょうゆをかけると中華風の蒸し物になります。

★注意:電子レンジは、W(ワット)数によって加熱時間が異なります。ここでご紹介するレシピでは、出力500Wの電子レンジを使用した場合の加熱時間を表示しています。ご自宅の電子レンジが400Wの場合は500Wの約1.2倍、600Wの場合は500Wの約0.8倍として時間を調節してください。

2009/8/11

ヴィシー出身だからヴィシソワーズ  電子レンジ 賢いコツ

「ヴィシソワーズ」とは、フランス語で「ヴィシー風冷製クリームスープ」の意味です。ポロネギの風味が豊かなジャガイモの冷たいポタージュスープです。このスープを考案したルイ・ディアがフランスのヴィシー出身だったことからこの名前がつきました。バターでジャガイモとポロネギを炒めてからコンソメを加えて煮たものを裏ごし、生クリームを加えて冷やしたスープです。
ルイ・ディアは、母親が作ったジャガイモとポロネギのスープ「ポタージュ・ボンヌ・ファム」に夏の暑い日、冷たい牛乳を入れてもらった記憶からこのスープの発想を得たと、自著に記しています。「お母さんの味」なのですね。

ポロネギは、地中海地方原産のネギの一種で、リーキとも呼ばれます。日本の下仁田ネギに似て白い部分をいただきます。ご家庭では、太めのネギの白い部分で代用してはどうでしょう。

電子レンジを使うことでジャガイモを皮ごと簡単に柔らかくすることができます。うま味が逃げることなくジャガイモ本来の甘みが出ます。

◆材料(4人分)
・ジャガイモ・・・3個(300g)
・玉ネギ・・・1個
・バター・・・大さじ2
・ネギ(太いもの)・・・2本
・濃いめのチキンスープストック・・・カップ4
*固形スープ5個を分量の水でときます。
・牛乳・・・カップ1
・生クリーム・・・カップ1
・アサツキ・・・少々


◆つくり方
1.ジャガイモは皮付きのまま電子レンジで4~5分加熱してから皮をむきます。

2.1のジャガイモを適当に切り、温めたスープストックといっしょにミキサーに30秒ほどかけます。
★コツ!
スープストックを温めるのは、ジャガイモを固くしないためです。

3.ネギと玉ネギは薄切りにします。厚手の鍋で電子レンジネギと玉ネギをバターで薄く色がつくくらいに炒めます。
★コツ!
ここは直火で炒めることでネギの味をうすいキツネ色を出します。

4.2のジャガイモを鍋に加えて、3分ほど煮ます。

5.裏ごしし、再度火にかけ、牛乳と、生クリームの半量(残りは、仕上げ用に残しておきます)を入れて煮立て、味を調えてから冷まし、再度裏ごしします。
★コツ!
目の細かい裏ごし器を使いましょう。よりなめらかなのど越しになります。

6.完全に冷えてから、仕上げ用の生クリームを加えて器に盛ります。飾りようにアサツキのみじん切りをふります。

冷たいのど越しを楽しむスープです。器も冷やしておきましょう。

★注意:電子レンジは、W(ワット)数によって加熱時間が異なります。ここでご紹介するレシピでは、出力500Wの電子レンジを使用した場合の加熱時間を表示しています。ご自宅の電子レンジが400Wの場合は500Wの約1.2倍、600Wの場合は500Wの約0.8倍として時間を調節してください。

2009/8/11

朝にピッタリ!ほうれんそうの巣篭もり卵  電子レンジ 料理

朝に忙しいときに大助かりの栄養満点メニューです。ホウレン草はまとめてレンジで加熱し、小分けして冷蔵しておくと、使いたいときに使いたい分量だけを使えて便利ですね。

★ポイント!
ゆで野菜は電子レンジのお得意です。お好みの量を短時間で、色よく仕上げることができます。ゆで汁にうま味や栄養が逃げることもありません。水洗いしたホウレン草を、水気を切らずにラップに包むことで、熱の通りを均一にし、加熱むらを防ぎます。
卵は電子レンジで爆発してしまう! といわれますが、卵の黄身の膜に穴をあければ大丈夫! 卵は半熟がおいしいので、卵料理にはラップをする、と覚えておくと良いですね。ちょっとした下準備が電子レンジ料理をより便利においしくします。

スピナッチ・エッグ ・・・ほうれんそうの巣篭もり卵

◆材料(2人分)
・ホウレン草・・・160g
・卵・・・2個
・おろしチーズ・・・大さじ2
・バター・・・少々
・塩、コショウ・・・適宜

◆つくり方
1.ホウレン草は水洗いし、根元の太いところに十文字に切り込みを入れます。水気を切らずに根元と葉先が交互になるようにして重ね、ラップできっちりと包みます。

2.電子レンジで2分30秒加熱し、すぐに冷水にとって水気を絞り、根の固い部分を除いて4~5センチの長さに切ります。

3.一人前ずつのお皿に2のホウレン草しき、バターをところどころ置いて、塩、コショウをし、卵を落とします。チーズをふってラップをし、電子レンジで1分半加熱します。
★コツ!
卵が破裂しないよう、黄身の膜に穴をあけておきます。

★注意:電子レンジは、W(ワット)数によって加熱時間が異なります。ここでご紹介するレシピでは、出力500Wの電子レンジを使用した場合の加熱時間を表示しています。ご自宅の電子レンジが400Wの場合は500Wの約1.2倍、600Wの場合は500Wの約0.8倍として時間を調節してください。

2009/8/11

2色きんとんで色鮮やかに  電子レンジ 賢コツ

野菜の下ゆでは電子レンジのお得意です。あっという間に、色鮮やかに仕上がります。おしゃれな一品は、ちょっとしたおもてなしにピッタリです。くちなし(あれば)をいれることでよりいっそう色鮮やかです。

★ポイント!
サツマイモは皮を厚めにむきます。下ゆでをして、熱いうちにゆで汁を切り、裏ごしします。
裏ごししたあとに加熱する際、一度に加熱するのではなく、いったん加熱してからかき混ぜ、さらに追加して加熱します。


サツマイモの2色きんとん

◆材料(1回量)
・サツマイモ・・・450g
・砂糖・・・大さじ4
・みりん・・・大さじ4
・抹茶・・・小さじ1
・くちなし(あれば)・・・1本

◆つくり方
1.サツマイモは1.5cmの輪切りにし、皮を厚めにむきます。
2.1を電子レンジ用の器に入れ、ひたひたの水(あれば、くちなしの実も)を加えます。ラップをして約15分加熱します。
3.2が熱いうちにゆで汁を切って裏ごしします(ゆで汁は捨てずにとっておきます)。
4.分量の砂糖、みりんに、ゆで汁大さじ4~5を加えてまぜ、電子レンジ用の器に入れてラップをし、約2分加熱します。一度かき混ぜてから、さらに2分加熱します。
5.4をふたつにわけ、一方に湯少々でといた抹茶を入れて混ぜ、2色のきんとんをつくります。
6.全体でひとつがクルミ大くらいになるよう2色のきんとんを布巾にとり、茶巾絞りにします。

★注意:電子レンジは、W(ワット)数によって加熱時間が異なります。ここでご紹介するレシピでは、出力500Wの電子レンジを使用した場合の加熱時間を表示しています。ご自宅の電子レンジが400Wの場合は500Wの約1.2倍、600Wの場合は500Wの約0.8倍として時間を調節してください。

2009/8/11

ポテトサラダは色鮮やかに!  電子レンジ レシピ

電子レンジは野菜の下ゆでに大活躍です。ジャガイモは、ゆでるよりもホクホクとした舌触りを楽しむことができます。ニンジンやグリーンアスパラも短時間に色鮮やかに仕上がります。ゆで汁に栄養が逃げることもないのでお勧めです!

★ポイント!
ジャガイモは水分が少ないので水をくぐらせたあと、ラップで包んで加熱します。竹串がスッと通るぐらいまで柔らかくなればOKです。
ニンジンも加熱前に水をふりかけてラップをします。グリーンアスパラはラップに包んで電子レンジにかけます。それぞれの野菜に適した方法をマスターしましょう。

ポテトサラダ
◆材料(2人分)
・ジャガイモ・・・中2個
・ニンジン・・・1/3本(50g)
・グリーンアスパラ・・・2本(40g)
・ハム・・・2枚
・きゅうり・・・1/2
・玉ネギ・・・少々
・マヨネーズ・・・大さじ4
・牛乳・・・大さじ2
・酢・・・少々
・塩、コショウ・・・適宜


◆つくり方
1.野菜の下準備をします。ジャガイモは水洗いし皮つきで水気がついたまま1個ずつラップに包み、1個ずつ3分30秒加熱します。竹串を刺して、スッと通るくらいになればOK!
2.ニンジンは3ミリの厚さの輪切りにして電子レンジ用容器に入れ、大さじ1の水をふりかけ、ラップをして1分30秒加熱します。
3.アスパラは根元の固いところを切り落として半分に切り、ラップで包んで1分加熱します。
4.ジャガイモは皮をむき、いちょう切りにし、塩、コショウ、酢をふって冷まします。
5.ニンジンはいちょう切りに、アスパラガスは2センチぐらいの長さに切ります。ハムは細切りに、キュウリと玉ネギは薄切りにして塩少々でもみ、軽く水気をしぼっておきます。
6.マヨネーズソースを作ります。マヨネーズに牛乳を混ぜます。
7.ジャガイモと野菜類、ハムを6のマヨネーズソースで和えて出来上がり。

★注意:電子レンジは、W(ワット)数によって加熱時間が異なります。ここでご紹介するレシピでは、出力500Wの電子レンジを使用した場合の加熱時間を表示しています。ご自宅の電子レンジが400Wの場合は500Wの約1.2倍、600Wの場合は500Wの約0.8倍として時間を調節してください。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ