香川は手術で今季絶望  

サッカー・アジア杯準決勝の韓国戦で骨折した香川真司選手は
ドルトムントが検査した結果、手術が必要で今季は絶望と
発表しました。

韓国戦で負傷しつつもアピールせず、
“動きが鈍った”理由で途中交代しました。
所属するドルトムントが早期再検査と治療を希望し、
緊急渡独し診察を受けました。

香川選手は日本代表の中でも良い仕事をしていたので、
離脱は非常に惜しいですし、
香川選手自身も悔しいでしょう。

本人は自分の怪我を受け入れて
「誰が出ても結果を残してくれると思う」
とコメントを残しました。

香川選手が抜けた穴を誰が埋めるのでしょうか。
ザッケローニ監督がどう判断するのか分かりませんが
良い試合を期待して応援します。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ