2013/5/4

購入先でことなって  

誰かが話してたんですが
ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドでは、投資家から預かった資産を電力、ガス、水道などの公共サービスを提供する企業の株式に投資しています。電力、ガス、水道の他にも電話・通信、運輸、石油供給企業などの株式も公益株として投資対象とされています。投資信託の手数料には、「購入する時の手数料」「保有している間の手数料」「解約するときの手数料」という3つの手数料があります。投資信託を購入するときの手数料は、販売手数料、購入時手数料、募集手数料、買付手数料、申込手数料などがあります。比較していくとわかるのですが、中には、「ノーロードファンド」と呼ばれる販売手数料がかからない投資信託もあります。投資信託の手数料の節約には、とても有効な投資信託です。
投資信託の手数料には、「購入する時の手数料」「保有している間の手数料」「解約するときの手数料」という3つの手数料があります。投資信託の購入するときの手数料は、同じ投資信託であっても、購入先でことなってきます。投資信託は、まったく同じものであってもさまざまなところで取り扱っており、購入することができます。同じ投資信託が郵便局や銀行、各証券会社で取り扱われています。このときの手数料は、異なります。投資信託が同じなのでリスクは同じ。購入するときの手数料をうまく比較して、一番安いところから購入する必要があります。東証マザーズ市場とはどのような市場なのでしょうか。東証マザーズ市場は1999年に設立された新興市場であり、大証ヘラクレス市場などと同様に、優れた技術やノウハウを有する新興企業に対し、早期の株式公開により迅速な資金提供の場を提供しています。
東証マザーズ市場は1999年に設立され、次世代を担う優れた技術やノウハウをもつ新興企業に対し株式公開による早期の資金提供を可能とし、新興企業が飛躍できる場を提供しています。東証マザーズ市場の上場基準は東証一部や二部と比較して緩く、上場プロセスも短縮・簡略化されています。
便利になってるもんですね〜
0

2013/5/4

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ