2013/6/3 | 投稿者: Twwrrww@yahoo.co.jp

ロング・パットや チップ・ショットの時に キャディーや 同伴競技者が ピン / 旗竿 (flagstick) に付き添う、即ち、アテンド (英語では attend とも tend とも言う)することがあるが、そうした行為に係わるルールの中にはえっと思うような内容のものが幾つかある。

その詳細は 規則 17 (旗竿の付き添い) に記載されているが、ここでは激安ゴルフ 通販そうした間違い易いルールを 中心に その内容を レビューする。まず、グリーン上からパットしたボールが ピンに当たった場合はストローク・プレーであれば 2打罰、また、マッチ・MP600フェアウェイウッドプレーであれば そのホールの負け というペナルティーが科される。

従って、グリーン上からパットをする時には 必ず ピンを抜くか、ホールの位置が見え難いロング・パットであれば、誰かに ピンに付き添ってもらって プレーをすることになる。なお、付き添い人 (attendant) に激安タイトリストゴルフクラブボールが当たった場合も (その人の故意の行為による場合を除き) 同様のペナルティーが科される。

一方、ゼクシオMP600フェアウェイウッドグリーンの外から打つ場合はピンを残すか 抜くかの選択権が プレーヤーには与えられている。そして、抜く選択をした場合は、ホールの位置が見え難いロング・パット同様、必要に応じ ピンにアテンドしてもらうことが許される。
0

2013/5/30 | 投稿者: Twwrrww@yahoo.co.jp

ペンデュラム・モーションは 振り子の支点を中心に 重力を利用してパターを 右のイラストのように ストロークさせる動きで、パター・ヘッドがテーラーメイド r1 ドライバーイラストの仮想プレーン (P) 上を P1 - P2 - P3 のように動く 極ゴルフ 用品めて シンプルなものである。 その結果、パターの動きは 真っ直ぐに引かれて 出ると言うスタイルになるし、パターヘッドのフェースの向きも 自然と ストロークを通じてスクウェアーに保たれる 形になるから、方向性が良くなるというメリットがある。

そして、ペンデュラム・ストロークをするには、肩を 背激安キャラウェイゴルフクラブ骨に対して垂直に回転させるのではなく、右の仮想プレーンの上を ロッキング・モーションのテーラーメイド r1ように動かすことが必要になり、肩のライン (A) も腕のライン (B) も 仮想プレーン (P) の上を 動かす必要がある。ただし、実際の振り子は その錘をある高さに上げて離せば、重力の力で振り子の動きをするが、本当に重力だけをパワーソースに パターを振ろうとすることは 殆ど 不可能なことだ。

よっぽど距離のあるパテーラーメイド r1 ドライバーットでない限り、パターを 後ろに引く距離は 精々 30-40cm であるが、その位置エネルギーと重力だけを使って クラブヘッドを加速させてボールを打つということは ちょっと 試して見れば分かることであるが 出来ることではない。
0




AutoPage最新お知らせ