食べ物の消化に欠かせない胃液の分泌は、自律神経によって行われています

2013/5/22 
食べ物の消化に欠かせない胃液の分泌は、自律神経によって行われています。急激に強いストレスを感じると、交感神経の働きが活発になり、内臓にいく血液量が減り、胃の蠕動運動が弱まります。このストレスが慢性化すると、交感神経、副交感神経が刺激されその結果、胃酸やペプシンの分泌が盛んになりますが、逆に胃壁を保護する粘液の分泌は減ってしまいます。

すると丈夫のはずの胃壁もダメージを受けてしまいます。 このようにストレスは自律神経を刺激して、胃の中の微妙なバランスを崩してしまうわ分けです。胃壁を守る粘膜にも、防御できない物質があります。それが、アルコールです。アルコールは分子量が小さく簡単に粘液をすりぬけて、胃壁をダメージを与えます。胃粘膜層をテニスラケットにたとえると、アルコールはパチンコ玉です。 ラケットの網目をすり抜けて胃粘膜を刺激してしまうストレスになります。そのため大量のアルコール濃度のお酒は、胃粘液バリアを破壊して、胃があれる原因になります。

特に胃が空っぽの状態では、アルコールが直接胃粘膜に触れ刺激を強く与えることになります。薬に含まれる成分がストレスになって、胃にダメージを受けることがあります。 アスピリンやイブプロフェンなど非ステロイド性消炎鎮痛薬と呼ばれる解熱鎮痛薬と呼ばれる解熱鎮痛薬は、体内の特定の酵素の働きを止めて、痛みの元となる物質プロスタグランジンを作らせないようにする薬です。

そのためプロスタグランジンが作られないと胃粘膜の合成が低下したり、胃粘膜が弱くまることから胃酸の攻撃に耐えられなくなってしまいます。このように、風邪薬や解熱鎮痛薬を服用すると、胃の調子が悪くなることがあります。しかし、プロスタグランジンには胃粘膜の血流をよくしたり細胞を修復したりする胃の防御因子として働きがあります。
アバクロ ジャケット
アバクロ メンズ
アバクロ Tシャツ
0

便秘は水を飲めていないサイン

2013/5/8 
1日2リットルの水を飲めば人は健康でいられるとよく言われます。水として飲む水分も食事でとる水分も全部含めて2リットルです。しかし、1日2リットルちゃんと水分をとれている人は少ないのです。

意識してちゃんと水を飲んでいないと、1リットルくらいしか摂取できていません。水を飲まないと、まず便秘になります。便秘には便秘薬がいいと言われます。

便秘薬は腸に刺激を与えて、腸がびっくりして便を出しやすくする薬です。毎日驚かされたらそのうち驚かなくなるのと同じで、毎日便秘薬を飲んでいたら腸がマヒして便秘薬は効かなくなります。それに便秘薬を分解して腸に働きかけるのは肝臓です。

便秘薬を飲む前に水を飲みましょう。便秘が改善されると、まずぽっこりお腹が改善されます。そして顔の肌が美しくなります。

1日2リットルの水を飲めば、それは毎日体内を掃除しているのと同じことになるので、肌艶も良くなれば、ツヤとハリに恵まれた美しい髪の毛だって生えてきます。

髪の毛は頭皮が生むものですから、潤いを持った頭皮が美しい髪の毛を育てます。女性の枝毛や髪の毛のやせ細りは、ほぼすべて頭皮の乾燥が原因だからです。
ホリスター Tシャツ
アバクロ アクセサリー
0



AutoPage最新お知らせ