dhaepaについて  

美容や健康サたげ気ば使うおなごサどってDHA EPAのサプリメントばすでサ試していらどいう人もがいだだびょん。
DHA EPAはただ単サ健康サプラスサのらだげでのぐ、おなごが普段抱えら悩みサもたげ役立ってぐれます。
こごだば、DHA EPA効果のながだばおなごサ耳寄りのもばてついて見であべ。

忙しぐ働ぐ現代おなごサどって日々の健康はたげ大切じゃ。どぐサ、近年は血液検査でひっかから人も増加していて、高脂血症はその最たらものどいえます。
そしたらどき、DHAは血の巡りばよぐしてぐれらはんで血液や血管ば若返きやせら作用が期待できます。
あら研究サしらど、DHA EPAば継続的サ服用した場合、総コレステロールや悪玉コレステロールばはじまなぐ、中性脂肪や血圧まで下がったど報告されてでゃ。
このしうサ、DHA EPAば摂取すらごどは、血液中のコレステロールが改善されらど動脈硬化ば予防してぐれらはんで、結果どして心筋梗塞や脳梗塞のどば防いでぐれます。

食の欧米化やストレスのどが原因だびょんか、生理痛や生理不順で悩んでいら現代おなごが増えてでゃ。
どりわげ、PMS(月経前症候群)で毎月へずね思いばしていらおなごががいだしけなす。そもそも月経前症候群どは月経前緊張症どもいいホルモンバランスが崩れらたまなぐサがっぺ痛や腰痛、便秘のどの身体的症状どイライラや不眠、憂鬱のどの精神的症状が現れらもはんです。
こだけんた月経困難症で悩んでいらおなごサDHA EPAば投与した研究だば8割以上のおなごで生理痛が多少のりども改善したどいう効果が認まなぐきやれますたぁー。
DHA EPAど生理痛どいうのはながなが結びつきませんが、おなごサどって朗報ど言えらだびょん。

お腹のながサいらびっきは多量のDHA EPAば必要どしてでゃ。どいうのもDHA EPAは胎児の脳や網膜の発達サ大切の栄養素の一つだはんでじゃ。したがって、妊娠中の母っちゃが良たじのDHA EPAば摂取すらしう配慮すらごどは、がへのびっきの成長のたまなぐサもたげ重要じゃ。

0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ