日焼けにより色素が  

太陽光に含まれる紫外線のうち、
地表まで届くのはUVA(長波長紫外線)とUVB(中波長紫外線)である。

このうち、日焼けにより色素が皮膚に沈着するのはUVAによる効果であり、
UVBによる日焼けでは、皮膚は赤くなるだけで色素沈着が起こらない。

従来は、地表に届く紫外線のうちUVBにだけ発がん性があると考えられていたが、
世界保健機関の外部組織である国際がん研究機関が2009年に行った発表で、
UVAにもUVBと同じように発がん性がある事が確認されたと述べた。

学者や医師は、日焼けに対してシミ、そばかすを増やし、
皮膚を老化させ皮膚癌や白内障の発症を誘発し、
皮膚の免疫力までも低下させる行為としている。


髪をいたわる
0




AutoPage最新お知らせ