2013/3/7 | 投稿者: tliiro

この前知り合いから聞いたんですが、
つ目の年金教育貸付は、国民年金または厚生年金保険の加入されている方向けです。国民年金の加入期間が10年以上であることが条件です。融資限度額は、厚生年金保険の被保険者は学生1人につき100万円まで、国民年金の被保険者は学生1人につき50万円まで(ただし、同一学生1人につき100万円以内)です。申し込み先は、都道府県の年金福祉協会などです。
年金加入者が対象の年金教育貸付があります。国民年金または厚生年金保険の加入されている方向けです。国民年金の加入期間が10年以上であることが必要です。融資限度額は、厚生年金保険の被保険者は学生1人につき100万円までで、国民年金の被保険者は学生1人につき50万円まで(ただし、同一学生1人につき100万円以内)です。申し込み先は、都道府県の年金福祉協会などになります。一つ目の教育一般貸付は、入学・在学中の子供の保護者の方向けです。年収によって制限があります。年間の世帯収入が定期収入者(会社員、派遣、アルバイトなど)の場合は990万円以内、自営業など事業所得者については770万円以内であることです。融資金額は、学生1人につき最高200万円までです。申し込み先は国民生活金融公庫、近くの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協など)です。
一般的なものは、教育一般貸付です。入学・在学中の子供の保護者の方向けです。年収により融資制限があります。年間の世帯収入が定期収入者(会社員、派遣、アルバイトなど)の場合は990万円まで、自営業など事業所得者については770万円までとなります。借り入れ金額は、学生1人につき最高200万円までです。申し込み先は国民生活金融公庫、近くの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協など)です。
ってそんな事の知ってましたか?
0

2013/3/7 | 投稿者: tliiro

昨日聞いた話ですが、進研ゼミ(しんけんゼミ)中学講座とはベネッセコーポレーション(ベネッセ)が行っている中学生向けの添削式の通信教育です。毎月自宅に教材が郵送されてくるのでその問題を解きいて返信用封筒に入れて返送するか、ファックスやパソコンで回答が送ります。その返送された解答用紙を「赤ペン先生」という添削担当者が採点し、間違いに対するアドバイスを赤色のペンで記入して受講生に再度送り返してくれます。努力賞制度というシステムがあります。この努力賞制度は問題を解いて課題を提出することで与えられるポイントによって、賞品がもらえるシステムです。この努力賞制度によってやる気をアップし自ら勉強をするようになります。またチャレンジというメイン教材の他にも中学生活全般のバラエティに富んだサポートや質問カードという個別のアドバイスがもらえる制度があるのも進研ゼミ中学講座の大きな特徴です。
チャレンジという名前のメインの教材の他にも中学生活全般に役立つサポートや、質問カードという個別のアドバイスがもらえるシステムも進研ゼミ中学講座の良いところです。また努力賞制度は課題を提出することで与えられるポイントこのジレンマを解消してくれるのが進研ゼミ中学講座です。分かりやすいテキストと個人に合わせたスケジュールや質問への回答などで自分で考える力を付けることの出来る進研ゼミ中学講座で高校受験に合格してください。
勉強方法が分からないというのが中学生の一番の悩みなんだそうです。しかし塾や家庭教師でもなかなかその問題は解決出来ないのが更なる悩みでしょう。一人きりでもなく、時間や場所が限られるわけでもない進研ゼミ中学講座の通信教育は、この悩みを一挙に解決してくれる優れたシステムです。分かりやすく、そして自分で考える力を付けることの出来る進研ゼミ中学講座を活用して高校受験にぜひ受かってください。結構いいと思いませんか?
何度でも
0




AutoPage最新お知らせ