投資信託の価値は  

今日見つけたんですが・・・
投資信託の価値は基準価額(あるいは基準価格)により表されます。この基準価額は市場終了後に営業日ごとに計算されて速報値が公表されています。株を売買するときの値段を株価といいますが、投資信託の場合はこの基準価額により売買されます。
投資信託の基準価額は投資信託の価値を表すものであり、毎日市場終了後に算出されて速報値として公表されています。投資信託の基準価額は投資信託を購入したり解約したりする際の価格となります。こう考えると株価と似ていますが、株価と違う点は1日1回しか算出されない点です。投資信託とは多くの投資家から資金を集めて株や債権などの有価証券で運用するものです。基準価額は1万円前後のものが多く、投資資金をあまり持たない個人でも気軽に購入することができます。投資信託が投資した有価証券が値上がりすれば投資信託の基準価額が上がります。
最近人気の出てきている投資信託とは、多くの個人や会社から資金を集めて、その資金をいろいろな株や債権などに投資して運用するものです。投資信託の基準価額は約1万円となるように設定されているものが多く、個人でも気軽に投資に参加することができます。参考までに投資信託の基準価額の計算方法を示しておきます。投資信託が投資している株や公社債などの有価証券の時価総額合計に利子や配当金を加え、信託報酬などの運用コストを差し引いて、1口あたりに換算したものが投資信託の基準価額となります。
ところで、投資信託の基準価額速報値の計算方法ですが、投資信託に組み入れている株や債権などの有価証券をその日の時価で評価し、現金、利息、配当金などをプラスして運用に必要な経費などをマイナスした純純資産額を、投資信託の総口数で割ったものがその日の投資信託の基準価額となります。
便利になってるもんですね〜
0

金融商品取引法は  

今日見つけたんですが・・・
金融商品取引法は、証券取引法などを抜本的に改正し成立したものです。さまざまな金融商品について開示制度、取扱業者に係る規制を定めることなどにより、国民経済の健全な発展と投資者の保護を目指して成立した法律で、証券取引法と金融先物取引法が、一元化されることになります。
金融商品取引法とは、投資家保護を目的に、株の時間外取引や大量保有報告書の提出猶予期間など、現行の証券取引法が抱える問題点を改善し、2007年後半以降に施行が予定されている法律です。証券取引法と金融先物取引法が、金融商品取引法として一元化されることになります。
これまでは、株券や債券など有価証券については「証券取引法」、金融先物取引については「金融先物取引法」と、金融商品ごとに法律が定められていました。ところがその法律の隙間を突く金融商品などが登場し、投資家が被害を受けることが後を絶たない状況になっていました。
金融商品取引法が法案として国会に提出された背景には、政府が金融行政の方針を「貯蓄から投資へ」とかじを切っている中で、法の隙間を突く金融商品が相次ぎ、投資家が被害を被るケースが後を絶たないことがあります。こうしたことから投資家保護のために投資環境の整備が課題となっていました。そのため、金融商品取引法は投資の対象となる金融商品の取引に関するさまざまな規制を定め、現行の証券取引法をベースに、企業と経営者の義務や責任の他にも、金融商品の販売・勧誘に関わる証券会社や証券取引所などに対する規制も盛り込まれています。
金融商品取引法は、幅広い金融商品・サービスについて横断的な制度が整備されます。この改正は、幅広い金融商品・サービスについて、横断的な制度を整備し、利用者保護ルールの徹底を図ることにあります。金利・通貨スワップなどのデリバティブ取引も金融商品取引法の対象となります。
何だかよくか理解できないよね?どうかな?

旅行保険は家族カードで
0




AutoPage最新お知らせ