2012/8/19 | 投稿者: doronnjyo620

システム上の予想外な出来事は本当にあるものですから、2口座を使い分けるとい
うのも有効な損失回避にはなるでしょう。
FXのシステムトレードと裁量トレードで使い分けるという手もあります。

自身の得意なレートの方向性や変動を探求し、スタイルを作ってしまいましょう。

0

2012/8/9 | 投稿者: doronnjyo620

これも、必要なので理解しておいて欲しいのですが、カレンシーペアの特殊性として金利が上がればカレンシーペア
も上がるという特異性をあります。
ポジションを決済した後にさらに市場が上昇し続けた場合、さらに勝てたことができたのに、と
悔やむことがありますが、
マイナスになるよりはマシだったと頭を切り替える事が大切です。
FXのシステムトレードの場合は、そういった感情に左右される必要はありません。

0

2012/8/8 | 投稿者: doronnjyo620

適切な資産構成を持続し失敗の要因を処理することで腕前を前進させることができます。
取り戻すかもしれないと未だに期待してポジションを保有していると大変なことになるので、入門者は損切りのタイミングは早めに設定すべきです。
FXのシステムトレードの選択の際にも、損切りの執行方法を考慮に入れて賢明な選択を行ってください。

丁度良い証拠金を維持し損失の原因を排除することで勝率を上達させることができます。
取り戻すかもしれないと根拠のない期待してポジションを持ちっぱなしにしていると大変なことになるので、FX初心者は損切りの瞬間は早めに設定すべきです。
0

2012/8/5 | 投稿者: doronnjyo620

ここは、必要だから理解しておいて欲しいのですが、金利が上昇すればカレンシーも上昇するという癖を持っています。
FXで勝ちをあげるには、特性を見極めることなのです。それには、移動平均線を活用するのが得策でしょう。
FXのシステムトレードでは、各システムがロジックに従い、自動的に売買を行います。

0

2012/7/22 | 投稿者: doronnjyo620

逆張りは実績とスキルが身につくまではロスの拡大が心配だから、駆け出しの方は避けるほう
が堅実です。
どんなテクニカル指標も弱点がありますから、1つのテクニカル分析だけで相場を予測するのは
難解です。
複数のテクニカル分析を組み合わせて予想するのが賢い利用法です。
また、FXのシステムトレードを利用すれば、複数のテクニカル分析を解析して取引することが可能です。

0




AutoPage最新お知らせ