書類が簡略化  

こんな記事もありましたよ〜
マザーズ指数はどのようにして計算されるのでしょうか。マザーズ指数はTOPIXと同様に時価総額加重型ですから、マザーズ市場の時価総額をある一定時点の時価総額で割って算出します。マザーズ指数の場合、2003年9月12日のマザーズ市場の時価総額を1000として計算します。
マザーズ指数はマザーズ市場に上場されている国内普通株式を対象として計算され、外国株、新株予約権や優先株式は計算の対象外です。マザーズ指数は株価に浮動株基準の株式数を掛けて算出した時価総額に対し、2003年9月12日のマザーズ市場の時価総額を1000とした場合の比率で表されます。東証マザーズ市場では、今後の成長が期待される新興企業の早期上場を可能にするため、東証一部や東証二部と比較して上場審査書類が簡略化され上場審査期間も短縮されています。現在のマザーズ市場の上場株式数は約190社で、最近ではUSJも上場しています。東証マザーズ市場は、大証(大阪証券取引所)のヘラクレス市場に対抗して1999年に設立された新興企業向けの株式市場であり、高い成長可能性を有していると認められる新興企業を上場対象としています。マザーズ市場は次世代を担う成長可能性の高い新興企業に対し、直接金融による早期の資金調達の場を提供しています。
東証マザーズ市場は1999年に開設された成長性の高い新興企業向けの株式市場です。新興企業にも迅速な資金調達ができるように、上場基準が東証一部や二部よりもはるかに緩いかわりに企業経営に高い透明性が求められています。マザーズ市場には2007年3月16日現在で189社の新興企業が上場しています。ちょっとびっくりだよね。
海外保険おすすめクレジットカード
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ