2011/5/6

加藤 由香のREALIZE A DREAM オリンピックメダリスト増淵まり子 ピッチング・メソッド詳細  
詳細はこちらをクリック




ピッチングで常に意識しなければならない3つのポイントとは?
ピッチングに正解はありません。
しかし、この3つのうち1つでも外してしまうと上達することは難しいでしょう。

腕を回すのに、一番速くする部分はどこか?
球を速くするために腕をブンブン振り回しても効果はありません。
効率的に速い球を投げるにはどうしたら良いかを解説します。

速い球を投げるには、腕ではないある部分がポイントです。
速い球を投げようとするあまり腕を早くすると肩が開いてしまいます。
肩が開くことなく速い球を投げるために意識する「ある部分」とは?

ピッチングにおけるグローブの正しい使い方
グローブは球を捕るためだけのものではありません。
速い球を投げるための正しいグローブの使い方とは?

ボールの握り方
同じストレートでも、ボールの握り方を変えるだけで2種類の球種ができるのです。
更に握りをずらすこととで自在にボールを操ることができるようになります。
ブラッシングの「理想の形」とは?
ブラッシングは、腕を当てる位置や強度、タイミングが重要です。
あなたの球威を何倍にもするブラッシングの「理想の形」とは?

腕の回し方
ピッチングは腕の回し方が全ての基本です。
無理なく自然で早く腕を回すために気をつけることとは?

左足の向きでも全然違います。
左足がまっすぐキャッチャーに向かっていると踏ん張るときに力が抜けてしまい、横に向けると体重が乗り切らなくなってしまいます。トップ選手は、この足の向きにも拘ります。

ピッチングにおける足の引き付け方
具体的に足のどことどこを意識すればよいのか?
正しい引き付け方を公開します。

上半身と下半身を連動させましょう
ここまでの部分が全て完璧でも、この連携が上手くいかないと肩や腰を回してしまい全くの無意味になってしまいます。この対処法をご紹介します。

ウォーキングという練習法をご紹介します
歩く動作で投げることで、リズムの中でピッチングを覚えられる練習法です。
声を出しながら練習することであなたのリズムが身につくでしょう。

セットポジションでのプレートの使い方
プレートはただの目印ではありません。自分に合う使い方を見つけることで球威は何倍にもなります。


詳細はこちらをクリック




1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ