2013/9/17 | 投稿者: 威哥王

皮脂や汗の分泌が少なくなり、皮脂膜がつくられにくくなります。 そして、角質層の水分が奪われやすくなります。私たちの身体は60〜80%が水分でできています。そして、その水分を保つ大切な役割を果たしているのが肌です。これからの季節、気温.湿度の低下とともに肌の水分が減少し、肌表面が乾きやすくなります。肌が乾燥すると肌のバリア機能も低下し、肌表面だけでなく肌内部を守ることができなくなってしまいます。

その結果、さまざまな肌トラブルを招いてしまうのです。血液循環が悪くなり、新陳代謝がスムーズでなくなります。そして、表皮のターンオーバーが不調になるため角質層が厚くなります。また、角質層の水分が少なくなります。寒くなるとキュッと身体を縮めるように毛細血管も収縮します。血管が収縮し血液循環が悪くなると、肌に十分な栄養や酸素が行き渡らなくなります。

表皮では、今存在している細胞も、新しく生まれてくる細胞も元気のないものになってしまいます。元気のない細胞は水分を保つ力が弱く、はがれ落ちる力も弱いため肌表面にとどこおりがちになります。その結果、肌の角質層は厚くなり、透明感がなく水分の少ないゴワゴワした状態になってしまうのです。同時に肌内部の細胞にも十分な栄養が行き渡らないため肌の元気もなくなり、はりや弾力を保つことができなくなります。
威哥王
花痴
0

2013/9/6 | 投稿者: 威哥王

胸痛の強いときは、モルヒネなどの麻薬も使わないと痛みがおさまらないほどです。吐き気が起こり、吐いたり、冷や汗、脂汗を流したりします。狭心症の極端なかたちで、亜硝酸薬は無効です。発作は30分以上続き、くり返して1〜2日も続くことがあります。この最初の2日間に4割ほどの人が死亡します。脈の乱れやショック、急性心不全で死ぬ人が多く、入院が必要です。

脈を触れると非常に弱く、不整脈になることもあります。順調なときは数日間のうちに、だんだん落ち着いてきます。いったん落ち着いても発病後1〜2カ月は再発することも多く、また2〜3週間目には、反応性の胸膜炎や心膜炎が起こることもあり、その場合にはもう一度、胸痛や発熱があります。症状は急激で、いろいろな特徴があり、わが国でも最近40歳以上の男性に増加しています。あまり激しい労働をしない事務職、管理職、特に完全主義できちょうめんで闘争的な性格の人、肥満、高血圧、喫煙、高脂血症などの人は要注意です。

高齢者などで痛みがほとんどない人や、食欲低下、意識消失などで始まることもあり、症状がそろっていないとか、軽いときは、なかなかわからないこともあります。心筋梗塞とは、冠状動脈の血流不足の状態が強く、30分以上も続くと、心臓の壁の一部の細胞が死んでしまいます。この病気にかかって数週間を急性心筋梗塞といい、非常に死亡率の高い病気です。
花痴
RU486
0




AutoPage最新お知らせ