water  

英語やフランス語などでは、(液体であれば)温度にかかわらず、「water」、「eau」など名称は一定である。
だが、日本語では、同じ液体でも温度によって名称を変えて呼び分ける。日本語では、
温度が低温や常温のものは「水」と呼ぶが、温度が高くなると湯(ゆ)と言う。
「水」の概念を自然科学的に拡張して、化学式で「H2O」と表現できるものをすべて広義の「水」とすれば、
水の中でも固体のそれが氷、液体は(いわゆる日本語の)水、気体は水蒸気、ということになる。


http://004.burogu.jp/p/
0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ